七五三詣と勘違い

2011年11月15日に山鹿市にある大宮神社に
息子の峻平の七五三詣に行ってきました。

この七五三の袴着ってお腹のあたりが帯でギューって締め付けられて嫌だった事を
ボクもぼや〜っと記憶にあります。
写真を引っぱり出してみてみたら、うーんどうなんだろ??微妙な顔つき。

今回の七五三詣の主役の峻平の事

さすがボクの息子。
同じように袴着を拒否(笑)
どんなに話をしても袴着を拒否。
どんな格好で大宮神社に行くか聞いてみたら
短パンTシャツで行くとの事(笑)
解るなぁ〜

んで、押さえつけたり脅したり、怒ったり、
それから叩いてでも峻平を締め付けてでも
袴を着せようか悩んだんだけど
「よかよか短パンTシャツで行くよ」って言ったんですよね。
ボクも締め付けられるのは嫌なんで。

短パンTシャツで行ってきました。
大宮神社へ七五三詣に。
あっもちろん袴は持って行きましたよ。

それで、神社に到着して短パンTシャツの峻平を抱っこして神主さんの所に相談に行ったんです。
どうしたら、七五三詣ができるかを。
それから、短パンTシャツで七五三詣の参拝をしていいのかを。

いや実は・・・・
神主さんに相談している時にずーっと左目をぱちぱちとウインクしながら相談しました。
実話です(笑)

それから峻平にどんな格好で参拝するか聞いたら着替えました。
大宮神社の駐車場で袴に。

峻平の七五三詣で子育ての方向が少し見えた気がします。
親は子供に「親」にしてもらうって事なのかな?
おかげで、一生忘れられない行事の一つになりました。

大宮神社で七五三詣を予定の方でもし当日に子供が袴着を嫌がったら
大宮神社の神主さんにウインクしながら相談して下さい。
必ず子供は袴着になると思います(笑)

それからいつだったかな?
以前、匠の蔵というFMラジオ番組で放送していただいたんですけど、
匠の蔵に取り上げられた方々を招待して美味しい食事と
スポンサーである霧島酒造さんの焼酎を飲みながら親睦を深める
第6回『匠のつどい』〜meets of meister〜というものに招待して頂いて行く予定にしていました。
招待状が届いた日は慌てていてあまり確認せずに11月17日のスケジュールに入れていたんだけど、
その匠のつどいは七五三詣の15日でびっくり。

なんで勘違いに気がついたかというと
ボクの奥さんの勤め先の栗川商店の栗川さんより朝に電話を頂いて気がつきました・・・・・
電話貰ってなかったら、絶対に行けてません。
はい、見事な勘違いです。
あわてて準備して行ってきました鹿児島に。

それから、その匠のつどいでは同じテーブルに以前、ウチに取材で来て頂いた霧島酒造さんの田浦さんが会の途中にひとりぼっちでポツーンと座っていたボクに気がついたのか
それからずーっとお酒を作ってくれてたのがうれしかったなぁ。
田浦さん吉助おいしかったっす!!
ありがとうございました!!

匠のつどいは鹿児島であったんだけど、
今回のブログは長くなったんで、その話はまた次回にでも。

ボクの七五三詣の写真です。

七五三詣と勘違い」への2件のフィードバック

  1. うちの緋夕も七五三、私服やったな〜
    子供ながらにあの格好が恥ずかしいっちゃろか・・・・?

  2. あ〜恥ずかしいのかもね。
    峻平はお祭りの神輿に周りからワッショイ、ワッショイと
    あげられるのが好きじゃないのかな?って思った。
    今のところお祭りを離れた所から見て
    みんなと一緒に盛り上がれずにいるタイプ(笑)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中