美味しかった。

日曜日に息子が大きなスッポンを釣りました。

息子の「亀がおった!」という発言がきっかけです。

まずは先週の金曜日のこと。

息子は家の前を流れる川に沿って学校へ通っているのですが
通学の途中で亀を発見したそうです。
小学校から帰った息子に詳しく場所を聞いてみると
亀の赤ちゃん?が川のそばの花壇らへんにいるとのこと。

しばらくすると
お世話になっている近所のIKB先生が
亀釣りの仕掛け?をつくってウチに持ってきて息子へプレゼント。

IKB先生は息子の通学時に亀の話を聞いたみたいで
「机上の空論より実践」
という言葉では伝えることができないモノを
亀釣りの仕掛けを通じて感じることができました。

いつもありがとうございます。

ってことで
エサのミミズは畑でとって
亀を目撃した川へ。

現場に行ってみると
亀の赤ちゃんは交通事故にあったようで踏み潰されて死んでいました。

あーなるほど。
息子は踏み潰されて死んじゃった亀を見たみたい。
よく気がついたね。

仕掛けをもらってエサもあるので
2つの仕掛けを川に投げ込む息子。
エサのミミズは触っても大丈夫なんだけど
釣り針にミミズをつけれない様子でした。

一夜明けて土曜日。

素晴らしく目覚めのいい朝を迎えた息子の峻平。

うん、わかるなぁ〜

2人で仕掛けた場所へ。

1つ目の仕掛けを息子が上げると・・・・・

「なんか釣れとう!!」

と興奮。
20㎝くらいの魚が釣れました。

よかったね。

そのままIKB先生のところへ持っていって釣果を報告。
IKB先生の説明では「カマツカ」という名前のコイ科の魚だそう。

身離れもよくて
食べると美味しいとのことなので

「天ぷらにして食べようぜ!!」

と息子に相談したのですが

「食べるのはかわいそうだからお世話する!!!」

とのこと。

もう一つの仕掛けを上げてみると・・・・・・

エサのミミズはきれいに無くなっていていました。
残念。

次は亀を釣る。
ってことで再挑戦。

息子が
「あそこらへんに何かおりそう」
と案内する場所へ移動して仕掛けを川へ投げ込む息子。

一夜明けて日曜日の朝。

チャーラーラーラーラララン

ドラゴンクエストの宿屋に泊まったときの音楽がとても似合う早起きの息子。

いざ、川へ!!

ボクは金曜日に手術をしていて
普通に歩くと痛みを感じたので
トボトボとゆっくり歩いて息子の後ろをついて行きました。

先に現場に到着した息子が仕掛けを上げていると・・・・・

「亀が釣れとう!!!!!!!」

と叫ぶ声と喜んでいる様子が
遠くから見てもわかりました。

マジで????

先に川に入ってテグスをタグリヨセル息子の横から
ボクも川に入って近寄ってみると・・・・・・

デカっ!!

んで、亀は亀でもスッポンやん!!!!

水草にテグスがからまっていて
捕獲に時間がかかりましたが
無事に捕獲!!

とりあえずバケツに入れましたが
スッポンは逆立ちしている状態でお尻がはみ出ていました・・・・・・

釣り上げたスッポンのお尻がはみでていて
ウネウネと動いています。
スッポンがお尻の方から逃げ出しそうなのでバケツにフタをして
仕掛けをプレゼントしてくれたIKB先生に釣果を昨日に続き報告。

それから自宅にもどって作戦会議。

ボクはスッポン鍋を提案。
妻のサッコは食べるか売るという提案で
スッポンを釣り上げた息子を説得したのですが

「かわいいからウチで飼う」

と一歩も譲らず。

ここでムリジイして強制的にスッポンを食べちゃうとトラウマになりそうなので
ペットとしてウチでスッポンを飼うことに・・・・・

名前は「マンネン」になりました。

IMG_6170

スッポン鍋を食べることができなかったので
昨日は鰻を食べに久留米の冨松うなぎ屋へ行ってきました。

美味しいモノを食べると元気がでるよね。

IMG_6171

この季節には毎年鰻を食べに行っています。

最初に出てくるウナギの骨せんべいをポリポリと食べながら
ボクは鯉のアライとせいろ蒸し
サッコはウナギ丼とウナギの酢の物を注文。

鰻が来るのを待ってる間に骨せんべいと鯉のアライを食べながら
2人でビールを飲んでいました。

あっビールじゃないや、ノンアルコールビールです。

峻平は相変わらずウナギは苦手なようで
最初は敬遠しながら食べているのですが
タレがしみこんで油でピカピカと光っている
あつあつのご飯と錦糸卵をハフハフと口で息をしながら
「美味しい!」
と言ってボクのせいろ蒸しを食べた後に
サッコのうなぎ丼も美味しそうに食べてました。

うなぎ屋さんのうなぎは美味しかったです。

今日の山鹿は雨がシトシトと落ちる梅雨らしい日でした。
もうしばらく雨が続きそうですね。

局地的な大雨で自然災害が発生しないことを祈り
雨のもたらす慈しみと恵みに感謝したいものです。

All photograph is taken by iphone.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中