気持ちだけの仕事

番傘を納品しました。

2016年1月から打ち合わせを重ねていたのですが
2016年4月に発生した熊本地震の影響で
製作の依頼が見送られるかと思っていたのですが
熊本地震の影響によって依頼者の方の気持ちが変わることがありませんでした。

熊本の方の心意気を感じることができましたが
別件で熊本地震の影響で製作依頼のキャンセルもありました。

当然です。

話を戻して。

熊本地震による被害からの復興に気持ちだけですが手伝う機会をいただきました。

IMG_7423

ボクの製作する番傘ではお腹を満たすことも
地震で傾いた家や壊れた自然を元に戻すことはできないので
今回は本当に気持ちだけの仕事でした。

「熊本地震による被害からの復興に番傘?」

という矛盾している話だったのですが
お客さんの求める気持ちに応えるのには番傘の製作でした。

当事者にしかわからない気持ちに
熊本地震での被害を経験していないボクは
その気持ちに寄り添うことはできませんが
身の丈にあった自分にできることをしようという考えは変わらないので
気持ちだけの仕事でした。

お客さんからの気持ちは十分に伝わりましたので
ボクの気持ちを形にして相手に返すことが
言葉にできない時の言葉のない会話だと思っています。

「戦争はしたらいかん。
 戦争をしたら一番最初に要らなくなるモノは和傘や。
 平和だから和傘を作れるんやぞ。」

と教えてくれた和傘職人さんの言葉を思い出しました。

A photograph is taken by iPhone.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中