釣りをして考えたこと 5

久しぶりに趣味の日記の更新。

最近は釣り場を決めて釣りをしています。
場所は相変わらず自動車で1時間程度で行ける海で
肝心の釣果というと少しずつ釣果がでるようになりうれしいです。

でも釣果がなく日焼けサロンに行ったくらいに日焼けをする日もあります。
初心者ってつらい・・・・・・

1ヶ月前くらいの話。

いつものようにいつもの場所でルアーを投げていると漁船が近づいてきました。
もしかしてこの海には何かローカルルールがあってローカルルールを知らないボクは
地元の方に注意されるのかと内心ハラハラしていました。

近くにやってきた漁師の方が

「魚いんな?」 

とボクに向かって言っています。(ちなみ魚をあげましょうか?という肥後弁です)
ちょっとびっくりしましたが

「遠慮なくいただきます!!!」

と返事をしてチヌをいただきました。
その場ですぐに締めて血向きをして氷で冷やした海水の中に入れ自宅へ持ち帰りました。

採寸はしていないのですが目測で控えめでも35㎝はありました。

自宅で3枚に捌いて4日間寝かせたあとに
アラは煮付け。

初めて兜割?をしてみました。
味の方は・・・・・・

脂がのってめちゃくちゃ美味しかった!!

うん美味しかった。

でも写真がありません・・・・・
ウソみたいな話ですがウソではないです。
本当です。

カルパッチョという名前のお刺身サラダ。

妻のサッコ作。

ガラスのお皿にはチヌのお刺身が置かれてありました。
贅沢を言えるのならニンニクの風味が欲しかったです。

チヌのお寿司。

炙ってみました。

ん〜美味しい。
でもボクが釣ったわけではありません・・・・・・・

美味しくチヌをいただきました。
漁師のおじさんありがとうございます。

感謝です。

漁師のおじさんへのお礼の意味も込めて
これからも海でゴミを見つけたら拾って持って帰ろうと思います。

またいつものように釣り場へ行くと
50〜60歳くらいかな?
釣り場の近所に住んでいるという男性の方と仲良くなり
最近の釣果や釣り情報を教えてもらいました。

その男性とボクは別々の場所でお互いに釣りを楽しんでいたのですが
その男性が何か魚を釣り上げています。

その方がこちらに向かって

「キビレいるね?」

と聞いてきたので近くへいって

「遠慮なくいただきます!!!」

と言うと

その場で血抜きと神経締めをしてくれました。
ボクは血抜きはできるけど神経締めはしたことがないのでとても勉強になりました。

ちなみにボクは釣った魚は血を抜いて千枚通しで締めています。

魚釣りって命をもてあそぶ行為なので先に血を抜いて締めるのか?先に締めて血を抜くか?
という選択で悩みがあり魚を締める時には気持ちが振り切っていない感がボクにはあります。

いつになったらはっきりとした気持ちで魚を締めることができるんだろう・・・・・・

いただいたキビレはアクアパッツァで食べました。
安定の美味しさ。

キビレの大きさは控えめでも目測で25cmはありました。

半分くらい食べてからのパスタも美味しかった。
パンや白ワインとの相性は抜群。
どうしてこんなに美味しいんでしょうね。

人に優しくされたのでボクも人に優しくなれるようになりたいです。

タチウオが釣れました。
息子の峻平による採寸では54㎝。

それからシログチが釣れました。
目測で20㎝と15㎝くらい。

う〜んスケールが欲しいなぁ〜

それからはじめてドラグが鳴りっぱなしという状態を経験しました。
ん?根掛かりかな?と思ったら
何か得体のわからない魚をヒットしていてドラグは鳴りっぱなしです。
引きの感じではエイ?っぽい感じ。

応戦しましたがスナップを結束しているリーダーが切れてしまい
釣り上げることができませんでした。

ん〜悔しい・・・・・・・
次は釣り上げるぞ。

ドキドキしたなぁ〜

あと夜釣りをしたのですがタチウオが釣れました。

長くても大きさが指2本分くらいで小さかったのですがお寿司でいただきました。

タチウオの手毬寿司。

薬味はレモンの皮と柚子胡椒。
タチウオは炙った方が美味しかったです。

骨は骨せんべいにして食べました。

またタチウオ。

タチウオってアタリがあってもなかなか釣り上げるのが難しいです。
5回に1回くらいしか釣り上げることができていません・・・・・・

がんばれ初心者。

またまたタチウオ。
持ち帰ってスケールで採寸すると61㎝。

やったぜ。

息子の峻平と一緒に魚釣りへ行きました。
タチウオ釣りに挑戦。

夜釣りでタチウオが息子の峻平にヒット。
よかったね。

自宅に帰ってから採寸してみると64cm。
魚体の太さは大人の指2本半くらい。

ってことでタチウオの手毬炙り寿司と骨せんべいをいただきました。

美味しかった。

それからなんと・・・・・・・・・

息子の峻平がエイを釣り上げました!!!

20分くらいエイとの応戦。
ドラグは鳴りっぱなしという初めての経験でめちゃくちゃ楽しそうでした。

よく釣り上げたと思います。

エイを釣り上げている様子を動画で撮影したのですが
その様子はまるで YouTuber です。

竿がものすごく曲がっていますが体の方が竿より曲がっています。

やっと近くまでやってきました。

息子の峻平はエイを釣り上げたあとには充実感を見せていましたが気持ちのいい疲労感もある様子。

スケールを持っていないのではっきりとした大きさは不明なのですが
ボクの靴が約3足分だったので全長は70cm〜75cmはあったと思います。

写真に写っている手は息子の峻平の右手。

エイでかすぎ。

息子の峻平が釣り上げたエイは食べてみようぜっという話になりましたが
大きすぎてクーラーに入らずリリースすることに。

小さな魚をリリースすることはあっても
大きな魚をリリースするのははじめてという経験です。

リリースしたエイを見送る息子の峻平。

堤防から釣りをしていたんだけど
たまたま干潮に近い下げ潮だったから釣り上げることができました。

よかったね。

実はボクもエイを釣りました。

エイは海面まで上がってきたのですが
防波堤の下に潜り込まれPEラインが足元の堤防についた牡蠣に絡まり
悪戦苦闘しましたが釣り上げることができず・・・・・・・・

ん〜くやしいぞ。

翌朝の息子の峻平の第一声は

「腕が筋肉痛・・・・・」

でした。

最近の目標。

息子の峻平が学校で作ってきたホワイトボード。

2人とも目標達成。

タチウオなので反則気味のような気がするけど・・・・・・

目標達成ということで納竿。

次はどんな目標にしようかなぁ〜

All photograph is taken by iPhone.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中