左手第2指(人差指)掌側第1関節腱鞘損傷

2020年2月27日に怪我をしました。

左手第2指(人差指)掌側第1関節の腱鞘損傷です。
診断書を発行してもらっていないので正式な術名はわかりません。

わかりやすくいうと
左手掌側人差指第1関節近くを刃物で深く切って
動脈と腱鞘を切断して腱が少し傷ついているそうです。

病院で無事に縫合処置も終わり消毒と点滴による処置を3日。

左手甲側の人差し指第1関節の腱も過去にプライベートで怪我をしたこともあって

「次に同じような怪我をすると左手の人差指が動かなくなるよ」

と先生から言われとても反省しています。

仕事人としては同じ指を2回も怪我しているのでボクは2流以下の仕事人だと自覚しました。

実は仕事中にこれだけの大きな怪我をするのは初めてのことで
怪我をしてからしばらくの間は何とも言えない脱力感があって
怪我をした時の刃物を見るのが嫌でした。

まだ、刃物で切った感触が右手に残っていて思い出すたびにゾッとしています。

手術をした2日後に怪我をした刃物を持って軽く作業をしてみると

「そりゃ怪我をするよ」

と怪我をした日のボクに伝えたいです。

怪我をした理由は

「夢中になりすぎていた」
「切れ味のいい大きな刃物の使い方を間違えていた」
「本来の使うべき刃物ではなく代用の刃物で作業をしていた」

と思います。

どれくらいで日常生活が送れるようになるか先生に尋ねてみると

「まずはボクの言うルールを守ること」

と言われ

「あなたは癒着しやすい体質だから少しキツイけどリハビリを早くから自分でした方がいいよ」

とのことで手術した翌日からのリハビリをしています。
もちろん自分では指を動かすことができなかったので先生のサポートを受けて
指を動かしてリハビリをしたのですが最初はめちゃくちゃ痛かったです。

怪我をして1週間後の3月5日に抜糸が終わりました。

包帯も取れてスッキリしたのですが
まだ左手人差し指は思った様に動かなくグーができない状態です。

今回はリハビリでの通院がないのですが
これからリハビリをサボってしまうとバネ指になってしまって
再手術をしなきゃいけないということなので自宅でリハビリ中です。

2回目の手術室。
お世話になりました。

A photograph is taken by iPhone.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中