釣りをして考えたこと1

最近は海へ行って釣りをしています。

前回のエントリーで紹介しましたが
最初に行った釣りでは釣果は無く
それから何度か海へ釣りに行ったのですが釣果はありません。

せっかくはじめた釣りなので
やっぱり魚を釣ってみたいものです。

子供たちは春休みを利用して妻の実家へ帰省し
ボクは山鹿に残り仕事をするという生活が6日間。

ボクは山鹿に残って仕事をしていました。

朝早くから仕事をして
夕方4時くらいから海へ行ったのですが
なかなか釣れません・・・・・・・

釣り竿とリールは釣具店の方に勧められた磯竿と3000番のリールを購入しました。

ルアーについて知識がないので
それっぽいルアーを揃えて1人で海へ。

ルアーだったり天秤という仕掛けを使い投げ釣りをしました。

釣りの知識がないので釣具店の方に色々と相談しているのですが
とても親切で経験豊富なオーナーの方はボクの相談に快く応えてくれます。

あとはネットで調べたり。

まだ釣りをはじめたばかりですが
釣りの世界の入り口がこれだけ広いと楽しいですね。

釣れるかどうかの結果は自分次第ですけど・・・・・・

海へ行くと何人かの方が釣りをされているのですが
様子を見ていると様々な竿の長さやリールの大きさがあるようで
ボクの持っている竿とリールではルアーで魚を釣るのに適していないようなので
竿についてネットで調べて新調することにしました。

といっても息子の峻平が誕生日が近いので
プレゼントのリクエストを聞いてみると

「釣り竿がいい」

ということなので釣り竿の新調も息子の峻平に便乗しました。

色々悩んだのですが手頃な価格のバスロッドを購入。

ルアーで魚を釣るには
釣りたい魚に合わせて竿やリールやルアーなどの道具を選ぶようです。

サッカーボールでは野球ができなかったり
テニスボールでバレーボールができなかったりするように
サッカーのスパイクを履いて野球はできませんし
バスケットシューズを履いて卓球はできません。

サッカーのスパイクを履いてピンポン玉で野球ができないことはなく
野球として成立しないわけではないのでしょうが
効率が悪くスポーツとしてのサッカーが楽しくないように
釣りでも釣りたい魚に合わせて道具を選ぶようです。

和傘の世界でも同じです。

使う用途によって様々な和傘があって
雨の日に使う番傘や蛇の目傘をお天気の日に日傘の代わりに使えないことはありませんが
少し可笑しな格好ですし日傘は雨の日には使えません。

大きな野点傘や舞踊傘は日常的に使うこともありませんし
現代社会では野点傘や舞踊傘は一般の方の目に入る機会というのはとても少なく
和傘の世界と釣りの世界を比べると
釣りの世界への入り口は広く和傘の世界への入り口は狭く感じます。

ボクは和傘の世界へ入って15年になります。

和傘の世界をボクなりに考えてみると和傘の世界は鉛筆の先の芯ような細さだと思います。

鉛筆を使って芯が丸くなり使えなくなると
鉛筆の先の芯を削り先を細くすると鉛筆は使えます。

鉛筆の長さがどれくらい残っていてあと何本の鉛筆が残っているのかはボクにはわかりません。

釣具店へ行くとお客さんは楽しそうにオーナーの方と釣りの話をしている姿を見かけますし
ネットで調べるとたくさんの方々が釣りを楽しまれている様子が見られ
釣果はどうであれ釣りをしている方の人口は多いような気がします。

そう考えるとやっぱり釣りの世界への入り口は広くて
和傘の世界への入り口は狭く鉛筆の芯の先のような細さです。

釣りの世界と和傘の世界は似ているようなモノがあったり相反するモノもあったりするもんだなと
釣りをしながら考えていました。

趣味っていいですね。

帰省中の息子の峻平は釣り三昧だったそうで
アジやサバやカサゴがたくさん釣れたそう。

あとヒトデが釣れたり
ウツボやカニはバラして逃げちゃったそうですが楽しかった様子。

親戚の方にはボートで釣りに連れていってもらったそうです。

うらやましいなぁ〜

帰省中の家族のお迎えに大分へ。

17時過ぎに大分へ到着したので
晩ごはんを食べて息子の峻平と歩いて3分の漁港へ夜に釣りに行きました。

朝ごはんの前に釣りに行きました。

釣果はなかったのですが
堤防のあちこちにイカの墨の跡がありました。

妻のサッコの実家を出発して帰路へ。
海沿いを自動車で走ると釣りのできそうなポイントがたくさんあって
釣りをしている方がちらほらと。

山に囲まれて生活しているボクと息子の峻平は後ろ髪を引かれながらの帰路になりました。

All photograph is taken by iPhone.

広告

1TDL10SAB

「趣味はなんですか?」

と自問自答してみると
サーフィンや映画観賞やたまに作る料理だったりかなぁ〜

でも最近は趣味のための時間というのは全くないので
そんな趣味は趣味ではありません。

ボクの趣味ってなんだろう・・・・・・・・

よく考えてみると
ボクの趣味は「子育て」のような気がします。

そうです。
ボクの趣味は子育てなのです。

「趣味はなんですか?」

と聞かれて

「趣味は子育て」

どうなんだろう・・・・・

45歳のおっさんが楽しめる趣味を見つけるのは
かなり面倒でかなりのエネルギーが必要ですね。

最近は息子の峻平が海釣りに興味がある様子。
息子の峻平に便乗するような形でボクも海釣りをはじめました。

ということでボクの趣味は釣りです。

ボクの趣味が釣りといっても山鹿で山に囲まれて生活している
福岡出身のボクには熊本の海釣りのポイントは全く分からず・・・・・・・
熊本の海沿いの土地勘はなく

「どこで海釣りができるんだ?」

という状態なので知人や釣り具店の方に

「熊本で海釣りに行くのはどこですか?」

と聞いてみると

「天草」

とみなさん口を揃えて教えてくれます。

山鹿から天草までの移動距離がおおよそ3時間くらい?
行ったことのない釣り場に行くのが3時間・・・・・・・・

移動時間が3時間ということで天草での釣りはハードルがかなり高く
この時点で心が折れそうだったので
1時間程度で行けるポイントをネットで探しました。

ネットで調べてみるとウチから1時間程度で行けるポイントがあったので
息子の峻平と早起きして日の出前に出発。

海に到着。

しばらくしてもアタリがないのでポイントを移動しました。

お昼前までひたすらルアーを投げ続けましたが
ボクは釣果なし・・・・・・・

息子の峻平もあきることもなくルアーをひたすら投げ続け
最後の最後にタケノコメバルがヒット。

リリースサイズでしたが本人の希望もあり
熊本の海での初ヒットだったので持ち帰って食べるということになって納竿。

帰路へ。

お昼過ぎに自宅にもどり仕事の事務処理をしました。

娘のひふみが
「お外で食べるお肉って美味しいよね」
と前からリクエストされていたので晩御飯は庭木の桜の前でバーベキュー。

外で食事をすると結構な量を食べる娘のひふみです。
確かに外ご飯って美味しいよね。

峻平が釣ったタケノコカサゴは妻のサッコが素揚げに。
峻平は美味しそうに食べていました。

ボクも食べさせてもらったけど美味しかったですよ。

「1TDL10SAB」

1回の東京ディズニーランドに遊びに行くより
10回の外遊びの方が子供の記憶に残るとボクは信じています。

All photograph is taken by iPhone.

A型インフルエンザウイルス

3月14日
・小学校から連絡あり。長男の峻平に悪寒と熱があるということで早退して病院へ。
 インフルエンザ検査の結果は陰性で扁桃腺炎と診断。

3月15日
・長男の峻平は解熱剤を服用しても熱が下がらず病院へ再診に。
 再診の結果はA型ウイルスエンザ発症。
・娘のひふみが夜に嘔吐。

3月16日
・娘のひふみが発熱したので病院へ。インフルエンザ検査では陰性。
 血液検査でも異常な数値が見られず細菌性ウイルスでの発熱ということで投薬での処置。
・夕方くらいからボクも悪寒と微熱がありました。
・妻のサッコは微熱。

3月17日
・ボクが発熱。日曜日だったので当番医を調べて病院へ行き診断の結果はA型ウイルスエンザ発症。
・娘のひふみと妻のサッコは回復の様子。

3月18日
・次男の一平が発熱したので病院へ。解熱剤服用による処置。

3月19日
・次男の一平の熱が下がらないので病院へ再診に。診察の結果はA型ウイルスエンザ発症。
・昼過ぎから妻のサッコが体調不良を伝えてきたので病院へ。診察の結果はA型ウイルスエンザ発症。
・夕方に娘のひふみが発熱。病院へ連絡して再診してもらう。再診の結果はA型ウイルスエンザ発症。

ということで家族全員がA型ウイルスエンザ発症して
只今インフルエンザウイルス絶賛好評繁殖中の吉田家です。

生後5ヶ月の一平が離乳食より先に口にしたのはタミフルになりました。

A photograph is taken by iPhone.

失礼な相手は相手にしない方がいい

タイトルは小池一夫さん(@koikekazuo)の言葉で
シンプルでなかなか言葉にできない気持ちを言葉にされてあるので引用しました。

ポストに封筒が入っていました。
封筒に入っていた書類を確認すると
企画展を東京にある有形文化財で夏に開催するという企画書が入っていて
企画の母体を調べてみると老舗旅館?老舗料理店?のようでした。

2週間ほどしてから担当者から電話で連絡があり
簡単な自己紹介と企画の内容の説明があったので
どうしてボクの住所がわかり企画書を送ったのか聞いてみたら
九州各地の工芸品を集めた展示をしたいらしくネットで検索したということ。

ポストに入っていたA4封筒の中に同封されていたもの。

・企画書
・担当者の名刺
・現在開催している企画展の紹介
・現在の企画展と次回の企画展の入場チケットが5枚ずつ

企画展の場所は日本を代表するアニメータの映画に登場したり
ミュージシャンのMVで利用されたりと著名人なアーティストやクリエーターの方々が
利用したようですがボクは会場に行ったことも見たこともなく
利用された方々とは会ったこともないので
過去に行われた企画展のことは全く関係ありません。

東京という離れた場所なので
ファーストコンタクトが郵送というのは理解できますが
こちらの疑問点について担当者の方の話を聞いていると全てが後出しジャンケン状態。

また改めて連絡するということだったのですが送られてきた企画書を見ると気分が良くなく
連絡を待っている時間が精神衛生上良くない感じがしたので
企画の内容に共感できず企画展は見送ることを伝えた手紙を同封して
書類を担当者に着払いで返却しました。

写真は上記の企画展の件とは全く関係ないのですが
4月中頃?に行われるらしい神事で使われる番傘で
一般的な番傘よりもフタマワリほど大きな番傘です。

あと舞踊傘の見本が届いたので舞踊傘を製作中。
はじめて見る舞踊傘だったりと和傘の世界へはいってから15年ほど経過しますが
まだまだ知らないことが多いです・・・・・

そんなこんなの仕事のこと。

A photograph is taken by iPhone.

桃の節句といただきもの

・釣竿(カーボン製ハヤ釣り用4.5M)
・大根(コンテナ1箱)
・人参(ダンボール1箱)
・春菊(ビニール袋1袋)
・ほうれん草(ビニール袋1袋)
・しいたけ(ビニール袋1袋)
・ごぼう(めっちゃでかいめずらしいごぼう2本)
・からいも(ダンボール1箱)
・猪肉(2kgぐらい)
・鹿肉(2kgぐらい)
・馬肉(3kgぐらい)
・お菓子(ビニール袋1袋)
・柑橘(ダンボール1箱)
・薪(2tくらい)

いただきものはうれしいのですが
気にかけていただいているというお金で買えない気持ちがそれ以上にうれしいです。

桃の節句はささやかですが妻のサッコがごちそうを準備してくれ
お雛様の前で家族揃って食事をしてお祝いしました。

ボクがお雛様の前に座っていると膝の上にちょこんと座ってきた娘のひふみ。

娘のひふみは3歳9ヶ月。

一緒に歩く時には片手を上げて手をつないできたり
たまに甘える時には両手を上げて抱っこを求めてきたりするのですが
いつか手を離れる日がやってくるんだろうなぁ〜と考えると
寂しいような嬉しいようなと複雑な気持ちなった桃の節句のひな祭りでした。

A photograph is taken by iPhone.

久しぶりの休み

昨日のこと。

娘のひふみが軽度のアレルギー性皮膚炎を持っているので
病院へ再診に行ってきました。

生後6ヶ月から月に1回くらいの頻度で病院へ通院しています。

お昼前に病院から山鹿へ到着したので
2人で山鹿市内のレストランでミックスピザとフルーツパフェを食べました。
フルーツパフェは前からのリクエストだったのでご満悦の様子。

美味しかったね。

帰宅するとお世話になっている方が来ていて
ケーキやお菓子をいただきました。
そのあとにはご近所さんがやってきて野菜やお菓子をいただき
あっという間にお菓子や野菜がいっぱいに。

それから退屈している息子の峻平と山鹿市内の釣具店へ。

ボクは釣竿の修理部品を購入して
息子の峻平は自分のお小遣いでルアーを購入。

最近の息子の峻平は釣りにハマっています。
釣具店へ行くのがワクワクしてめちゃくちゃうれしいとのこと。

店内の商品を見て何を購入しようか迷っているときはすごく楽しそうな様子です。

そのワクワクする感じはボクもわかるなぁ〜

個人でやっている専門店って面白いですね。
ボクも好きです。

それから山鹿市内の苗屋さんに行って野菜の苗を購入。
夏野菜の準備をしました。

畑を耕して汗ばむボクの横で娘のひふみが肥料をばらまいてくれたり
植えた野菜にお水をかけてくれたりと手伝ってくれている?遊んでいる?
どちらにしても楽しそうにしていました。

晩ご飯を食べ終わってお風呂に入ると娘のひふみはボクの膝でウトウトと。
もう片方の膝には生後5ヶ月の次男の一平も寝ちゃった様子。
ボクも眠たくなったので昨日は早めの就寝。

正月に休めなかった分を
ちょっと取り戻した感じの休日でした。

今日はお昼から妻のサッコがお出かけしたので
ボクは次男の一平とお留守番。

スーパームーンな次男の一平。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

紙張のぼかし傘(鷺娘)

昨年末に演目「鷺娘」で使われる舞踊傘を納品しました。

過去のエントリーをなんとなく読み返してみたら
最近の納品は納品期日ギリギリなので
もっとがんばらないといけないようですが
これ以上がんばる方法がわからないので
慌てずに急いでかんばります。

A photograph is taken by iPhone.