最近納品した舞踊傘

・黒蛇の目(紗)

「将門」という演目で使われるそう。
見本品を送ってもらいメールと電話で打ち合わせをして製作。

納品が終わって安心していたら別件で寸法違いの黒蛇の目(紗)の製作依頼がありました。
別に油断していたわけではないのですが結構びっくりしました。

・黒ぼかし(紗)

黒でぼかした舞踊傘は「鷺娘」という演目がよく知られているのですが
「雪」という演目でも黒ぼかしの舞踊傘が使われるそう。

「鷺娘」は単色での糸飾り(白)なんだけど「雪」の演目で使われる舞踊傘は
流派?によっては5色だったり単色だったりするらしいです。

なんだかややこしいですね・・・・・

納品は無事に終ったのですが別件で寸法違いの黒ぼかし(紗)の製作依頼がありました。
こちらも油断していたわけではないのですが結構びっくりです。

・沖縄の傘

過去の請求書とブログのエントリーを調べてみると1年に1度製作依頼をいただいています。
今回は納品期日が厳しい感じだったので新調をあきらめて見本品の在庫を納品。
様々な寸法の紺日傘を納品したのですがどんな踊りなのか見てみたいです。

これで在庫なし・・・・・

・番傘

ロゴや文字のレイアウトはボクが担当して
絵入れは妻のサッコに時給1000円で依頼。

納期にも間に合い無事納品完了。

・三段傘の修理

久しぶりに三段傘を修理しました。

舞台で使いたいということで修理というよりほとんどの部品の交換と張替で新品同様になりました。
あとは先方が生地をつけられるということで無事納品完了。

・黒ぼかし(紗)

演目「鷺娘」で使われる舞踊傘を製作しました。
今回は仕上がりが思ったより上手くいかなくて少しヘコんでいました。

ヘコんでいても時間は戻ることはないのでヘコんでいる暇はありません。

仕上がりが思っていたより上手くいかなかった理由が理解できたので
仕上がりが思っていたより上手くいかなくて少しヘコんでよかったです。

今のボクにできるこれ以上にない最高の舞踊傘が製作できたので
次はもっと最高な舞踊傘が製作できると信じています。

All photograph is taken by iPhone.

広告

番傘の納品と野点傘の張替

番傘を納品しました。

最後に番傘を納品したのがいつだったのかわからないくらい久しぶりに番傘を納品しました。

絵入れのデザインはある程度のイメージが先方にあったようなので
妻のサッコにデザインの修正と絵入れを依頼。

ギャラは時給1000円。

無事納品完了。

あと10年前に張替と修理をした野点傘の張替の依頼がありました。

和紙を全部剥がして
あちこち壊れた傘骨を修理してある野点傘を点検していると10年前にボクに

「よ〜修理したね」

と言ってあげたい気持ちになりました。

今回は前回よりも複雑な修理になりそうですが
10年前のボクに今のボクはなんと言われるのか想像しながら作業をしようと思います。

あと別件で野点傘の張替や舞踊傘の製作依頼など様々な和傘の製作で忙しい夏になりそうです。

The picture was taken with a Sony DSC-RX 100 and an iPhone.

玉屋の傘

演目「玉屋」で使われる舞踊傘を納品しました。

文字と絵は先方が入れるということで無地の傘を納品したのですが
思っていた以上に仕上がりがうまくいったのでよかったです。

玉屋の傘の修理依頼もありました。

1本は岐阜で製作されたもので傘骨が虫に食われてボロボロの状態で修理は見送ることに。
もう1本は東京で製作された玉屋の傘で柄竹の交換。

特に問題もなく納品できたので安心しています。

やったぜ。

All photograph is taken by Sony DSC-RX100.

鷺娘の傘

演目「鷺娘」で使われる舞踊傘を製作しました。

鷺娘は黒でぼかした舞踊傘で和紙や絹(紗)を張って傘を製作します。

今回の依頼は坂東玉三郎さんが鷺娘で使われる舞踊傘と同じ寸法で製作してほしいということ。

坂東玉三郎さんが鷺娘で使われる舞踊傘は特殊な寸法で
その特殊な寸法での製作は材料の関係で製作を見送ることになり
先方に伝えると数日後に

「やっぱりあきらめられないんですよね。
 ハジキの位置を上げてもらって傘が大きく見えるようにできませんか?」

と連絡があったのですが先方との信頼関係もあり
こういった相談はどうにか形にして応えたいものです。

信頼関係というのは目に見える契約書などないので
信頼を裏切られることもあるのでしょうが
ボクは信用できると思った人に対してはどんなことがあっても信じて
ボクの出来る範囲で応えています。

打ち合わせの時に聞いた話からの推測ですが
ボクの製作した鷺娘の舞踊傘は坂東玉三郎さんが鷺娘で使われる舞踊傘の寸法と
実寸で直径が6分程度(約18mm)小さいのですがハジキの位置を上げ傘を大きく見えるようにして
ほぼ同じ寸法で製作できたのでよかったです。

納品も終わり一安心。

だったのですが・・・・・・

「紙の方はいいんですけど紗(絹)の方のハジキを下げてもらえませんか?」

と先方から連絡がありました。

紙の傘は問題なく紗(絹)の傘のハジキを下げるのは理由があるのですが
見る人が見ればわかるというのは製作者にとって怖いモノです。

ハジキ位置は柄竹を交換して調整しようと考えましたが
ちょうといい寸法の柄竹の在庫がなかったので
既存の柄竹を継いで延長してハジキの位置を調整しました。

柄竹を継ぐ加工がちょっと大変だったけど無事に調整が終わって改めて納品完了。
しばらくして連絡がありリハーサルも無事に問題なく終わったということで先方も安心した様子。

よかった。

別件で鷺娘の舞踊傘の製作依頼があってこちらは無事に問題なく納品完了。
こちらの案件は納期の期日は指定されていなかったのですが
長い時間待たせてしまい納品が遅くなってしまいました。

あと写真はありませんが鷺娘で使われる様々な大きさの舞踊傘の修理依頼がありました。
こちらはどうやって修理しようか悩んでいましたが電話での打ち合わせで新調することになり
修理依頼の傘は修理と張替を進める方向になりました。

舞踊の世界では様々な種類の舞踊傘が使われていて和傘が必要とされています。

材料の入手が困難な場合もあって製作不可能な和傘もありますが
ボクはどんな和傘でも製作できるようになりたいです。

A photograph is taken by iPhone.

失礼な相手は相手にしない方がいい

タイトルは小池一夫さん(@koikekazuo)の言葉で
シンプルでなかなか言葉にできない気持ちを言葉にされてあるので引用しました。

ポストに封筒が入っていました。
封筒に入っていた書類を確認すると
企画展を東京にある有形文化財で夏に開催するという企画書が入っていて
企画の母体を調べてみると老舗旅館?老舗料理店?のようでした。

2週間ほどしてから担当者から電話で連絡があり
簡単な自己紹介と企画の内容の説明があったので
どうしてボクの住所がわかり企画書を送ったのか聞いてみたら
九州各地の工芸品を集めた展示をしたいらしくネットで検索したということ。

ポストに入っていたA4封筒の中に同封されていたもの。

・企画書
・担当者の名刺
・現在開催している企画展の紹介
・現在の企画展と次回の企画展の入場チケットが5枚ずつ

企画展の場所は日本を代表するアニメータの映画に登場したり
ミュージシャンのMVで利用されたりと著名人なアーティストやクリエーターの方々が
利用したようですがボクは会場に行ったことも見たこともなく
利用された方々とは会ったこともないので
過去に行われた企画展のことは全く関係ありません。

東京という離れた場所なので
ファーストコンタクトが郵送というのは理解できますが
こちらの疑問点について担当者の方の話を聞いていると全てが後出しジャンケン状態。

また改めて連絡するということだったのですが送られてきた企画書を見ると気分が良くなく
連絡を待っている時間が精神衛生上良くない感じがしたので
企画の内容に共感できず企画展は見送ることを伝えた手紙を同封して
書類を担当者に着払いで返却しました。

写真は上記の企画展の件とは全く関係ないのですが
4月中頃?に行われるらしい神事で使われる番傘で
一般的な番傘よりもフタマワリほど大きな番傘です。

あと舞踊傘の見本が届いたので舞踊傘を製作中。
はじめて見る舞踊傘だったりと和傘の世界へはいってから15年ほど経過しますが
まだまだ知らないことが多いです・・・・・

そんなこんなの仕事のこと。

A photograph is taken by iPhone.

紙張のぼかし傘(鷺娘)

昨年末に演目「鷺娘」で使われる舞踊傘を納品しました。

過去のエントリーをなんとなく読み返してみたら
最近の納品は納品期日ギリギリなので
もっとがんばらないといけないようですが
これ以上がんばる方法がわからないので
慌てずに急いでかんばります。

A photograph is taken by iPhone.

花魁の大傘

「初日が無事に終わりました」

と先方から連絡があったので
長く続いた心配から解放されて安心できました。

花魁の大傘を納品したのですが無事に傘が届いたようで現場の方々から

「出来が良かったので連絡しました」
「えらく出来が良い傘ですね」

という連絡をいただきうれしかったのですが
半分はお世辞と思っています。

納品した花魁の傘は現場の方々が家紋を入れて舞台で使われるそう。

納品した傘は和傘製作者でも気づきにくい特殊な方法で製作したのですが
責任者の方と請求書の件や別件を電話で打ち合わせをしている時に
その特殊な製作方法に気がつかれた様子を伝えてくれました。

見ればわかるのというのは製作者としては怖いですね・・・・・

見本の傘にはデカデカと大きく名前が書かれたレッテルが貼られてありました。
あまり品の良い感じがしなかったのでボクは自分の名前を書き残しませんでしたが
傘の張替をするときにしかわからない場所へ製作方法を書き残しました。

製作依頼があったのが7月31日で
今回は依頼があってからすぐに材料の手配をしました。

和傘は様々な自然素材の材料が必要で材料の準備にも時間がかかり
製作本数が数本あって材料の準備や作業が大変だったのですが

いつも快くボクの小難しい注文に応えてくれる
ロクロ屋さんの長屋さん。

それから傘骨屋さん。
2種類の見本の傘骨を製作してくれて

「どっちがいいかい?」

と聞かれたのですが
ボクの考えている傘骨と傘骨屋さんの意見が一緒でうれしかったです。
傘骨の製作方法も教えてもらって勉強になりました。

それから傘骨の2次加工をお願いすると
「う〜ん、大変だけどやってみましょうか?」と無理なお願いにもかかわらず
快い返事をしてくれた時にはうれしかったです。

和紙以外の相談にいつも快く応えてくれ
ボクの希望する和紙をいつでも気持ちよく分けてくれる
溝田和紙の溝田さん。

こっちのことが見えないのに
最後の最後まで心配してくれ染織の知識を教えてくれた
染料屋さんの保田さん。

いつ電話しても毎回こちらの気持ちが良くなる対応の
糸屋の徳永さん。

木柄が長尺物で
わざわざ運送会社まで木柄を運んでくれて発送してくれた山崎さん。

木柄を加工してくれた小野さん。
ボクが製作した図面の寸法の読み間違えに気がついて
作業を止めてまで連絡してくれたときは
さすがだなぁ〜と感心しました。

見事な仕上がりで自分の仕事が
「手先の器用な兄ちゃん」と感じさせられ
これからの仕事に対する考え方について勉強になった
木柄の塗装をしてくれた近松さん。

手配をしていた材料が合わず
慌てて在庫を探したら部品が1つ足りなくて
最後の最後で足りない部品を分けてくれた
坂井田栄吉本店の阪井田さん。

それからボクの家族。

まだお世話になった方がたくさんいますが
みなさんのおかげで無事に納品が終わりました。

先方からお礼の言葉をいただき長く続いた心配から解放されて安心することができて
みなさんに感謝しています。

この場を借りまして感謝のお礼を申し上げます。

ありがとうございました。
重ねてこれからもよろしくお願いします。

今回の納品はとてもタイトなスケジュールで写真を撮影する時間がなく
発送日の朝にあわてて数枚撮影した写真をwebサイトに掲載しています。

よかったらこちらよりどうぞ。

打ち合わせや進捗の連絡で
先方の様子がいつもと違う感じがしたので
納品が終わってからネットで調べてみたのですがyahooニュースに掲載されていたので転載します。

以下転載。

「二月競春名作喜劇公演」開幕に波乃久里子「藤原紀香さんは天使のよう」

「二月競春名作喜劇公演」公開舞台稽古より。

「二月競春名作喜劇公演」が本日2月2日に東京・新橋演舞場で開幕する。上演に先立ち、昨日2月1日に出演者たちが囲み取材に応じた。

【写真】左から藤山扇治郎、渋谷天外、水谷八重子、波乃久里子、藤原紀香。(メディアギャラリー他4件)

本公演は創始130年の劇団新派と、創立70周年の松竹新喜劇が合わせて200年を達成したことを記念して行われるもの。第1部では1955年初演の新派「太夫さん」が「華の太夫道中」として、第2部では54年初演の松竹新喜劇「船場の子守唄」が「おばあちゃんの子守唄」として装いも新たに上演される。

初日を前に松竹新喜劇の藤山扇治郎は、「藤原紀香さん、そして八重子さん(水谷八重子)、久里子さん(波乃久里子)のお姉さんがたと、こんな大舞台で共演できるのが本当に楽しみです」と期待を語り、同じく松竹新喜劇の渋谷天外は「ぜひ新派と松竹新喜劇が共演するところを観て、伝統を抱えて進む我々のパワーを感じてほしい。パワーといっても僕はだいぶ衰えてますが……(笑)。若い人たちの力を感じていただけたら」と観客にメッセージを送った。

「松竹新喜劇と新派は親類のような関係」と話す劇団新派の八重子は、「(松竹新喜劇の面々が)西から出向いてくれてうれしい。これで私の責任が軽ければもっとうれしいんですけど……(笑)。藤山寛美先生がのこしたお役なので、今年一番緊張しています」と心境を明かす。同じく劇団新派の久里子は、藤原の印象を「器量がよく、心も綺麗で、本当に天使のような方」と話し、「演じるのも天使のような役柄なので、ぜひ観に来ていただきたいです」とアピールする。

藤原は出演に際し「『華の太夫道中』という素晴らしい作品で、きみ子という素晴らしいお役をいただけてうれしい。少しドキドキしておりますが、ぜひたくさんの方にご覧いただきたいです」と喜びを語りつつ来場を呼びかけた。

「華の太夫道中」の演出は大場正昭、「おばあちゃんの子守唄」の演出は米田亘が手がける。公演は2月23日まで新橋演舞場にて。

■ 「二月競春名作喜劇公演」
2019年2月2日(土)~23日(土)
東京都 新橋演舞場

□ 「華の太夫道中」
作:北条秀司(「太夫さん」)
演出:大場正昭

□ 「おばあちゃんの子守唄」
作:舘直志(「船場の子守唄」)
補綴:成瀬芳一
演出:米田亘

出演:水谷八重子、波乃久里子、春本由香、瀬戸摩純 / 渋谷天外、藤山扇治郎、高田次郎 / 井上惠美子、曽我廼家八十吉、曽我廼家寛太郎 / 藤原紀香、曽我廼家文童、丹羽貞仁 ほか

※高田次郎の「高」ははしご高が正式表記。

「二月競春名作喜劇公演」開幕に波乃久里子「藤原紀香さんは天使のよう」

2/2(土) 8:58配信 ステージナタリー