誕生日おめでとう

平成30年10月14日午後11時16分
吉田家第三子次男の吉田一平が3420gで誕生しました。

陣痛から出産まで6時間11分。

ブログに記録として書き残しておきます。

いつか峻平とひふみと一平がこのエントリーを読んでくれるとうれしいな。

愚息の峻平と愛娘のひふみに続く第3子の誕生でしたが
第1子と第2子に続く第3子も切迫早産と診断され
妻のサッコが38日間という長い日数の入院をしました。

娘のひふみにとってはお母さんと長い日数を離れて生活するのは初めてなので
戸惑いや不安があった38日間でしたが
お兄ちゃんの峻平のサポートもあって38日間を3人で過ごすことができました。

妻のサッコが入院している時には
ボクは家事に育児。
地域の役割や仕事に大忙し。

なかなか思うように時間を過ごすことができない毎日でしたが
思い返すと一生忘れられない時間を過ごすことができたので
一生忘れられない出来事になりました。

8月19日に病院へ診察に行きました。
妻のサッコの診察中に赤ちゃんにミルクをあげる練習をしているお姉ちゃんのひふみ。

どんな気持ちでミルクをあげているんだろうなぁ〜

この日に妻のサッコは入院。

妻のサッコが突然の入院。
なんとなく予感していたので峻平とひふみには説明していたのですが
峻平は妹のひふみの出産で妻のサッコの切迫早産での入院を経験しているから
入院について理解できていたけど
ひふみはまだ3歳ということもあり
なんとなくしか理解できていない様子。

夜になって暗くなると峻平とひふみが不安な様子なので
入院した理由とこれからの家族の毎日を説明しました。

お見舞いの時に持っていく着替えや生活用品の準備はお兄ちゃんの峻平の役割。
準備するものがiPhoneにメールで届くので準備したあとに
準備物の確認と日程をお母さんのサッコに電話で連絡していました。

峻平とひふみへ。

お母さんのサッコが長い入院生活だったので
ひふみの保育園のお弁当はボクが2回作ったんだよ。

みんなで食べたスイカはおいしかったね。

ひふみが風邪の時には熱がなかなか下がらなくて

「お母さんがいい」

って何回も泣いたけどよくがまんしてがんばったね。

ひふみのことばかりだけど

峻平は夏休みの後半だったから
宿題をしながら家事を手伝ってくれました。

夏休みの最後の日はみんなで花火をしたよね。

峻平の夏休みが終わると
小学校生活がはじまりました。

部活だったり
習い事だったり
友達と遊んだり
宿題をしたり
家事とか家のお手伝い。

そんな大忙しの毎日を過ごしていると
お母さんのサッコの退院の日がやってきて家に帰ってきたよね。

話を戻します。

お母さんのサッコが退院してからは
出産の準備に向けての生活が始まりました。

お腹の中の一平はすくすくと元気に育っていて
一般的な赤ちゃんより大きい様子。
出産予定日の前後の出産だとかなりのビックベビーになるとのこと。

産婦人科の先生も心配していたようで
妻のサッコは出産予定日よりも出産が早くなるようにと
出産前は家の掃除をしたり運動したりと動き回っていて
四つん這いになって腰をクネクネと動かす
へんてこりんな体操をしていました。

10月14日に陣痛がやってきました。
家族で晩御飯を食べているとお母さんのサッコがお腹に違和感があるらしく
病院へ電話すると病院へ来て下さいということで
慌てて晩御飯を食べて急いでシャワーを浴びて病院へ。

最初に分娩室で先生とこれから始まる出産の打ち合わせ。
峻平とひふみは出産の打ち合わせ中は控え室で待ってくれていました。

家族での立ち会い出産を希望すると
先生は快く家族の立ち会い出産を許可してくれ
家族で出産に立ち会いました。

ひふみは3歳で峻平は11歳。

妻のサッコは分娩室で出産の準備。

ボクと峻平とひふみは待合室で待機。
お産が始まったら呼びに来てくれることになりました。

23時くらいにナースの方がドアをノックして入ってきて

「お産がはじまります」

と教えてくれ
分娩室に3人で向かうとナースの方から

「立ち会いですか?」

と聞かれ

「希望しています」

と返事をすると

「子供さんは無理です」

と出産が大変な様子で
出産中の妻のサッコのそばには行けませんでしたが
ドアが開いた分娩室から少し離れた分娩台の上の妻のサッコの足が見えるくらいの場所で
ボクはひふみを抱っこして峻平はボクのすぐ隣で見ていました。

ボクは先生と目が合ったので安心しましたが
子供達はお母さんのサッコの顔が見えない場所なので心配な様子。

しばらくすると

「子供さんたちも入っていいですよ」

と先生から声をかけてもらったので3人で分娩台の妻のサッコのそばに行きました。

近くに行ったときには
もうお産が始まっていて一平の頭が出てきている様子。

妻のサッコを見ると酸素マスクが外れていて
一生懸命いきんでいました。

分娩台の上に乗っている妻のサッコのそばに行ってから間も無く
お産が終わり無事に一平が誕生。

分娩台のまわりには出血の後があり先生は
「大変だったねぇ〜」
と妻のサッコに労いの言葉をかけてくれていました。

大変だった様子はボクたちにはわかりませんでしたが
一平が生まれてくる景色を家族で見ることができたので良かったです。

娘のひふみは忘れてしまう経験だったかもしれないけど
一緒にお産に立ち会うことができて本当に良かったと思います。

生まれたばかりの一平を見て娘のひふみは

「赤ちゃんに血がついてたね」
「赤ちゃんのおへそ長いね」

と言っていました。

増強分娩で出産した分
出産までの時間は短かったのですが産まれてくる一平には負担があったようで
母体に負担が少ない分だけ産まれてくる一平が大変だったそう。

負担があった一平は疲れているということで
おっぱいやミルクを飲む量が少なくて
おっぱいやミルクを飲んでは寝るという日が数日続き心配しましたが
数日後からはおっぱいもミルクもゴクゴク飲んで
最近は起きている時間も長くなり母子ともに健康な毎日を過ごしています。

生まれたばかりの一平の写真。

病院から退院した時の一平で生後6日の写真。

命名紙の名前入れは峻平の役割。

これから始まる喜怒哀楽を孕んだ待った無しの子育ての毎日。
振り出しに戻った子育て。

このブログを書いている時は
一平が生まれてから1ヶ月が経過しているんだけど
毎日を家族5人で楽しく生活しています。

一平へ

こうやって一平は生まれてきました。

毎日の中にも劇的な変化が起こる日もあるんだよ。
お母さんのサッコが切迫早産で入院したときには
家族全員で協力して毎日を過ごしたし
生まれてからもお兄ちゃんの峻平やお姉ちゃんのひふみは
育児に協力してくれてすごく助かっているんだ。

ミルクをあげたり抱っこしたり
お兄ちゃんの峻平はオムツも交換してくれています。

お兄ちゃんの峻平とお姉ちゃんのひふみが
一平のお世話をしてくれるから
ボクはお風呂の時にしか抱っこできないんだ・・・・・・

お兄ちゃんの峻平もお姉ちゃんのひふみも
一平が無事に生まれてきてくれたおかげで我慢を覚えました。

一平は生まれてから年上の兄弟しかいなくて
お兄ちゃんという感覚がわからないだろうけど
我慢以外にもたくさんの大切な気持ちがあるから
お兄ちゃんの峻平とお姉ちゃんのひふみに
これから始まる毎日の生活の中でたくさん楽しい事を教えてもらって下さい。

一平がこのブログを読んでいる時に
一平がどんな景色を見ているのかはわからないけど
一生忘れられないきれいな景色をたくさん見てね。

誕生日おめでとう。

2018年11月16日 吉田 崇

All photograph is taken by Sony DSC-RX100 and iPhone.

広告

7月のこと

 
・毎年7月の恒例なのですが久留米へ鰻を食べに行ってきました。

ボクはビールとセイロ蒸し。
妻のサッコはうなぎ丼と野菜サラダ。
息子の峻平は白ご飯とまぐろのお刺身。
娘のひふみは野菜サラダと錦糸卵と白ご飯。
子供達の微妙な組み合わせが面白いなぁと思いながら
「大人になると鰻ってだんだん美味しくなるんだぜ」
と話しました。

美味しかったです。

鰻を食べたあとは息子の峻平のリクエストでゲームセンターへ。

コインゲームを一緒にしたんだけど
いつもはコインがしばらくするとなくなっちゃうんだけど
子供ってうまいことやりくりして遊びますね。

今回はコインがザクザク増え始めてコインを使い切れずに
ゲームセンターにコインを預けることになりました。

 
・7月6日に娘のひふみが3歳になりました。

前日にガラスのコップを娘のひふみが落として割れちゃったのですが
ウチは家族が飲み物をこぼしたり食器を割ったりしても怒りません。
飲み物をこぼしたら自分で拭けばいいしガラスの食器は割れるモノです。
割れていないガラス食器は大切に使うことが当たり前です。

悪意があったらめちゃくちゃ怒るけどね。

誕生日プレゼントにボクの好きな作家さんのガラスのコップをプレゼントしました。

娘のひふみは自分でガラスのコップを割ってしまったということはわかったようで
プレセントしたガラスのコップは大切に使っています。

0歳の誕生日プレゼントにもガラスのおちょこをプレゼントしたんだよね。
ちなみに0歳の誕生日プレゼントのエントリーはこちらです。

 
・西日本豪雨という災害が日本各地を襲いました。

記録的な降雨はボク達人間にはどうしようもできなく
降り続く雨にただただ時間が過ぎるのを待つしかありませんでした。
自然の流れには逆らうことができないので
自然に生きて生きたいです。

あれだけ降り続いた雨でしたが
日本の各地は猛暑が続いています。

ここ数年で耳にするようになった

「異常気象」

という言葉に慣れてしまっているという感覚が怖いですね。

テレビやインターネットやラジオなどで簡単に情報が伝わる今の世の中。

災害の対策や対応はできますが
自分の身は自分で守るということを毎日の生活で忘れないようにしたいです。

 
・福岡へボクと息子の峻平と娘のひふみの3人で行ってきました。

娘のひふみはお母さんのサッコがいないお泊まりは初めて。
よくがんばったね。

2泊3日だったのですが一生忘れられない思い出ができました。
楽しかった。

お気に入りの写真を公開。


Photography is Yuka Nishiguchi.

 
・夏休みに入った息子の峻平が1人でバスに乗って山鹿市内へ出かけました。

息子の峻平は我慢を覚えたので
「やってみたい」
と言ったことには夫婦全力で応援しています。

公共機関での移動は大人には何でもないことですが
こうやって少しずつ子供の行動範囲が広がっていくんでしょうね。

近い将来に社会という大きな海のどこかにある
自分の目的の場所に向かって
自分の船に1人で乗って海を渡る日が
子供達に必ずやってくると思っています。

近い将来のその日がやってきたら
自分の子供達を世の中という大きな海に送り出せるようにしてあげるのが
親としてできる唯一のことだと信じています。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

最近のこと

最近のことを箇条書きで。

・妻のサッコがマルシェに出店したので息子の峻平も便乗して出品していました。

ちょっとだけアドバイスしたんだけど売り上げはブースで1番だったそう。
よかったね。

・ボカシを作りました。

かっこよく言えば有機農法なんだけど
基本的にほったらかし農法の家庭菜園で野菜を作っています。

・娘のひふみのこと。

アイスクリームが大好きです。
もうすぐ3歳になる娘のひふみ。


ほったらかし農法で成長したきゅうりを収穫している娘のひふみ。
「ひーちゃんがする」
となんでも自分でやってみたがり
ずいぶんと言葉のキャチボールもできるようになって
自分の気持ちを上手に伝えることができるようになりました。

今年の家庭菜園は豊作の予感。

・前回のエントリーで紹介したヘアドネーションの受領書が届きました。

「ばっさり髪を切られましたね」
と会う方々に言われるのでヘアドネーションについて説明するけど
ほとんどの方がピンと来ないようでヘアドネーションについて知っている人は知っているけど
知らない人の方が多いんだなぁ〜と感じています。

・大阪へ出張に行ってきました。

ボクは山に囲まれた生活を送って仕事をしているんだけど
都会での生活や仕事は刺激になって
まだうまく言葉にはできないんだけど勉強になりました。
楽しかった。

・和紙を染色しました。

ボクは天然染料と科学染料を使って和紙を染色しています。
染色した和紙は舞踊傘の製作に使用します。
納品を待ってもらっている依頼がまだ数件続くので
慌てずに急いてがんばります。

・友人からの紹介で18歳の旅人を2泊3日で受け入れました。

ボクは誰でも受け入れているわけではありませんが
ボクを含めた家族にはとてもいい刺激になりました。

将来は職人になりたいという18歳の女性で
来民渋団扇や繭から生糸を紡ぎ機織りで絹製品を製作している方を紹介しました。

ボクはどちらかというと和傘製作についてというより
日常生活の大切さやボクの仕事に対して考えていることを伝えました。

もちろんボクの仕事の和傘製作についての質問コーナーを設けて質疑応答もしましたよ。

どんな仕事でも毎日の生活の過ごし方がその人となり
その人のお人柄が仕事に現れると思っています。

2泊3日という短い時間でしたが
その18歳の旅人の女性にはきっとやりたいことがココロの中に決まっていて
そのやりたいことを感じているけど具体的にまだ表現できないだけなんじゃないかと思いました。

その気持ちは誰でも経験することだと思うし
その気持ちを今は具体的に説明できなくても
きっとその気持ちを説明できる時がやってくるので
諦めずにその気持ちを大切にしてほしいです。

印象的だったのは「しなやか」な感じがしたこと。

最初に会って食事をしたときやちょっとした所作にしなやかさを感じたのですが
彼女と会話をしていると
そのしなやかさは彼女の幼少期の過ごし方が
彼女のしなやかさの要因なんだろうなぁ〜と感じました。

今の積み重ねで未来というモノができて
今の積み重ねで過去というモノができるので
今の時間をどう過ごすのか?
ということを再認識できました。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

型枠を作りました

新築の施工現場に義兄の手伝いで行ってきました。

住宅基礎にハウスシューズと呼ばれる塗装をしたり
エコキュートの基礎や勝手口の基礎を施工したりと
普段は座ってナンボの仕事をしているので
体を動かす作業はとてもいい気分転換と建築の勉強ができました。

住宅基礎にハウスシューズという施工方法するらしく
住宅基礎に下地処理をしてアンダーフィラーという材料を下塗りして
仕上げ塗料を塗装しました。


ボクが塗装した基礎です。
写真はアンダーフィラーを下塗りしたあとです。
天気も良かったのでよく乾燥しました。


なんだかんだと教えてもらってエコキュートの型枠を作りました。
これでピシャっとしたエコキュートの基礎が施工できるはず。


現場までの往復時間がもったいないので
熊本市内のホテルを手配してもらい数日間の新築施工現場の手伝いでした。
都会は田舎と違って軽トラックやデイケアの送迎車を見なかったです。


週末は自宅の庭木の桜の下で家族と義兄でバーベキューをして
美味しいお肉を食べてお酒を飲みました。

暗くなってからは電灯で桜をライトアップして焚き火をしたのですが
花見の時間は日々の憂いを忘れることができました。

季節行事は大切にしたいですね。

話は変わりますが
自家用車を買い替えました。

今まで乗っていた自家用車の車検が近かったり
調子が悪かったりして修理をお願いすることも多々あったので
中古車を購入しました。

ボクが山鹿に移り住んでから
お世話になっている自動車屋さんで購入したのですが
その自動車屋さんは新車はもちろんのこと
自分の工場でメンテナンスをした車を中古車で販売しています。

デドコロがはっきりした中古車ということですね。

商売的には小さな規模の商売かもしれませんが
そういった商売のやり方にはとても共感できるので
ウチの自家用車についてはお世話になっている自動車屋さんに全てお任せしています。

今まではファミリーカーに乗っていたのですが
今回はひとまわり小さな自動車を購入しました。

色々と自動車屋さんの社長さんと相談した結果
今まで乗っていた自家用車よりも小さな自動車になったのですが
家族みんなで安全に移動できればボクは何も問題ないので
程度のいい中古車を購入できたのでよかったです。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

縫合処置

息子の峻平の授業参観に参加しました。

2分の1の成人式という発表会があり
子供達は将来の夢や感謝の気持ちを伝え演奏会をしてくれました。

息子の峻平も成長して頼もしくなってうれしくもあり
その反面で子育てが残り10年ということを考えると
寂しいというのが正直な気持ちです。

そんな息子の峻平なのですが2分の1の成人式の翌日に
小学校から頭部を怪我したと連絡がありました。

友達と遊んでいてアルミサッシに後頭部をぶつけて怪我をしたとのこと。

病院へ行って縫合処置も無事に終わり投薬と消毒での処置。
頭の傷は深かったらしいですけど
縫合処理は2針と傷は大きくなくて痛がる様子もなく安心しました。

頭に大きなガーゼと頭を覆うネットを被った息子の峻平ですが
縫合処置が終わって麻酔が切れても全く痛がる様子もなく
本人は痛くもかゆくもないそうですが
1週間くらい洗髪ができないらしくて

「めちゃくちゃ髪の毛洗いたい!!!」

と普段は洗髪をめんどくさがる息子の峻平なのですが
髪の毛を洗いたいという生まれて初めて発言に家族みんなで大笑い。

大した怪我じゃなくてよかったけど
ボクに似て夢中になると周りが見えなくなってしまう息子の峻平です・・・・・・・・

でも、10年間で合計25針の縫合処理は多すぎるぜ。

最近は息子の峻平にミニホットケーキを焼いてもらって
カライモ(さつまいも)のスイートポテトを作って
生クリームや小豆の粒あんをトッピングして食べるのがお気に入り。

美味しいよ。

ちなみにスイートポテトのレシピはcookpadで調べました。
レシピはこちらです。

カライモ(さつまいも)は電子レンジで蒸すより蒸し器で蒸した方が美味しいです。
蒸し器で蒸したカライモ(さつまいも)はうらごししています。

ささやかですが
娘のひふみの桃の節供のお祝いをしました。

最近の娘のひふみは会話のキャッチボールもできるようになって
いろんな言葉を話すようになりお兄ちゃんの真似をしたり
ボクが娘のひふみに話したことを娘のひふみは同じようにボクに伝えてくれます。

「子育ては自分の時間をどれだけ子供に時間を使ったのか」

なんだとボクは思っています。

お雛様の前で妻のサッコが準備してくれたご馳走やケーキを家族で食べました。
四季折々の年中行事は大切にしたいです。

今日は息子の峻平のサッカー部の6年生お別れ会に参加したのですが
保護者と小学生サッカー部の試合をしました。

息子の峻平は頭の怪我で見学だったのですが
ボクは娘のひふみと一緒に参加していたこともあり
前半だけ保護者代表として試合に出場しました。

元サッカー少年だったので楽しかったです。

サッカー経験者としては
サッカーを観戦するのも好きなんだけど
サッカーは観戦するよりプレーした方が楽しいです。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

お酒をいただきました。

家族で玉名へ納品に行ってきました。

お客さんとボクは同世代で業種は違いますが
起業した年齢もほぼ一緒で仕事の話や今までの経緯をお互いに話をして
長居をしてしまいましたが勉強になる話を聞くことができ
とてもよいお人柄というのが伝わるお客さんでした。

納品が終わるとお酒をいただきました。

飲んでみたのですがとても美味しかったです。

お酒の味はゆずの風味がとてもさわやかで
ゆず特有の酸っぱい感じが全くなく
甘すぎずさっぱりとした普段お酒を飲まない人にもオススメです。

「女の子とかめっちゃ好きやろうね」

と妻のサッコに言うと

「女の子やもん」

と普段はお酒を飲まない妻のサッコも美味しそうに飲んでいました。

決して安くはないボクの製作した傘を買ってもらって
お金をいただき感謝の言葉やお酒をもらった事を考えると
ボクのしている仕事ってなんだかいい仕事なんだなぁ〜と思いました。

自宅へもどると
電話で問い合わせがあり
無地の番傘が欲しいとのことでしたが価格を伝えると
価格が高いという理由で購入を諦めるような感じのお客さんでした。

販売の価格がお客さんの購入予定金額と見合わずに
傘を購入されない場面も多々あるんだけど

「価格についてはお詫びするしかありません。すみません。」

とお客さんにボクの気持ちを伝えています。

お客さんに喜んでもらい
気持ちよくお金を払ってもらえるような
和傘が製作できるようになりたいでです。

最後に。

息子の峻平が久しぶりの発熱。

病院へいくとインプルエンザ検査では陰性(ー)で
血液検査も異常はみられなかったのですが
診察と問診ではインフルエンザの症状とのことで投薬での処置となりました。

ゆっくり休んで早く元気になるといいね。

All photograph is taken by iPhone.

最近の事と思い出した事

毎冬の暖房は古い薪ストーブを使っていて
薪ストーブ以外にも電気製品などの暖房器具も使っています。

室内の気密性はとても低い古くて傾いた家なんですけどね・・・・・

薪ストーブに使う薪は
生木だと燃えにくく燃やしても煙ばかりでて
燃焼効率が悪いので乾いた薪を準備しておきます。

台風などで倒木した木を山に取りに行って
丸太を程度な大きさにチェーンソーで切り分けて
切り分けた丸太を斧で割って薪にします。

薪は雨に濡れないように保管しておき
使うぶんだけ薪ストーブの近くに置いておき
焚き付けの準備をしておきます。

ボクは薪を小さく割ったのを焚き付けに使っています。

マッチに火を着けて新聞紙に火を移し
焚き付けに火が移して少しずつ火を大きくしていきます。

だいたい1時間くらいで薪ストーブが暖まりはじめると
あとは熾火(オキビ)に薪を焼べる(クベル)だけで部屋全体が暖まりはじめます。

もちろん煙突掃除や薪ストーブのメンテナンスも必要です。

寒いので部屋を早く暖めようと思っても
大きな薪にはすぐに火を熾す(オコス)ことはできなくて
寒い部屋を薪ストーブで暖めるためには
小さなマッチに火を付け
新聞に火を移しそれから乾いた焚き付けに火を付けて
だんだんと火を大きくしないと寒い部屋は暖まりません。

焚き火と同じ要領ですね。

印象的だったのは20代の男の子がウチに遊びにやってきたので

「薪ストーブに火をつけてみて」

と話したところ
その20代の男の子は大きな薪に火をつけようとして
火を熾す(オコス)ことができなかったのです。

火を熾す(オコス)ことができなかったのは
日常生活で火を扱う生活をしていないと
火を熾す(オコス)ことは無理な話なので異論はないのですが
どんなことでも順番というものがあって
火を熾す(オコス)ことは
今までに無かった物事を興す(オコス)事と
同じ順番なんだなぁ〜と気がついた時のことを薪ストーブを見ながら思い出しました。

冬らしい寒い日が続きますね。

最近のこと。

写真は息子に届いた手紙。

この手紙を見た息子の峻平は
「何?この葉っぱ?魔法のマジックで書いてあるやん!!!」
と大喜びしていました。

今年も家族で楽しいクリスマスを過ごすことができてよかったです。

ボクはサンタクロースは見たことはないけど
どこかにいると信じています。

Amazonでドライフルーツミックス1kgとミックスナッツ500gを購入しました。
混ぜて食べると美味しいんだよね。

最後に仕事のこと。

舞踊傘の納品が終わりました。
ちょっと特殊な舞踊傘だったのですが
納品が終わって安心しています。

夜に寝るときに目を閉じて
朝に目を覚まして
まばたきを1回しかしていないような感覚の毎日が過ぎているような気がしますが
今年も思い残すことは何もなく後悔のない1年を過ごすことができました。

あっという間に今年も年の瀬を迎える時期になりましたね。
みなさまどうぞよいお年をお迎えください。

All photograph is taken by iPhone.