七三五詣と教えてもらったこと

娘のひふみの七五三詣が無事に終わりました。

娘のひふみは4歳なんだけど
去年は次男の一平が10月に誕生したので
3歳での七五三詣は見送ことにして4歳で参拝をしました。

大きな病気や事故もなく七五三詣を迎えることができ
これからも元気で健康に楽しく過ごして欲しいです。

妻のサッコは着物の準備をしたり
数日前から帯の締め方を練習をしていました。

当日はあいにくの雨模様。

慌てて傘を探すと数年前に製作した小さい番傘があったのでプレゼント。
雨の中の参拝になりました。

神前で祝詞を奏上しているときに雷がなったり
参拝した大宮神社と伊勢神宮とのご縁のお話を神職の方にお聞きすることもできて
思い出に残る七五三詣になりました。

8年前の息子の峻平の七五三詣のときにはハプニングがあったのですが
神社の方は息子の峻平の七五三詣を覚えてくれていました。

そのエントリーはこちら

お昼ご飯は娘のひふみのリクエストで

「チーズがビヨーンってなるピザ」

ということで参拝が終わって菊池のピザ屋さんでピザを食べてから買い物をして帰宅。
自宅に帰ってからは朝の雨模様から気持ちのいい晴天に。

ちょうど1年前のこの季節は
仕事以外のことが考えられないくらいに作業が忙しく
全く足元が見えていない生活を過ごしていました。

家事に育児に仕事と撲殺され続けている毎日を過ごしていたのですが
娘のひふみを自動車で保育園へ送っている時の事を思い出したので覚え書きで記しておきます。

保育園に行く途中の車中から見えたイチョウの木を見て

「黄色の葉っぱがいっぱい」

と教えてくれたこと。

去年はあまり見かけなかった柿の木になった柿を見て

「柿がいっぱいね」

と教えてくれたこと。

1年前は忙しい毎日の生活の中で呼吸をして生活していることさえ忘れていたのですが
娘のひふみにボクには見えていなかったモノを教えてもらいました。

その何気ない言葉を聞いた時に

「どうせいつかは死ぬんだから生きていることを忘れないように」

と考えさせられた事を
イチョウの黄色い葉っぱや柿の木になった柿を見ると思い出します。

花鳥風月を愛でることができる娘のひふみです。
このまま成長して大きくなってもらいたいです。

これからもよろしくね。

A photograph is taken by iPhone.

イノシシの燻製

ご近所さんからイノシシのブロック肉をいただいたので燻製にしました。
いただいたイノシシの部位は背中と腹の赤身。

長男の峻平のリクエストで燻製に。

背中。
美味しそう・・・・・・

赤身。
こっちも美味しそう・・・・・・

燻製が完成してちょっとだけ味見をしました。

うん。

美味しいぞ。

燻製は完成してから食べるより1日くらい寝かして食べた方が確実に美味しいです。

イノシシの肉は大きなブロックでもらったので
200gくらいのブロックに小分けして全部で6つの燻製が完成。

食べきれなかった燻製は冷凍庫で保管。
食べる時は冷蔵庫で解凍して爪楊枝くらいにスライスしてトースターで温めて食べています。

腹の赤身は独特の風味でジャーキーっぽい感じ。
背中も何とも言えない風味でボクは背中の燻製の方が好きかな。

できた燻製はワインやウイスキーと相性抜群。

息子の峻平はイノシシの燻製に大喜び。
娘のひふみはつられてちょこっとかじる程度。
食いしん坊の次男の一平(1歳1ヶ月)もお兄ちゃんとお姉ちゃんにつられた様子で
ボクの膝の上に座ってガジガジと食べていました。

All photograph is taken by iPhone.

13年前と変わったこと

13年ぶりに坂東玉三郎さんの八千代座公演を鑑賞してきました。
13年前に鑑賞した時は妻のサッコが長男の峻平を妊娠していたときに鑑賞したのを覚えています。

平成18年と令和元年の坂東玉三郎八千代座公演のプログラム。

13年前と変わったこと

・家族が5人になったこと
・ボクの製作する和傘を求めてくださる方が世の中にいらっしゃるということ
・和傘製作に従事する職人さんが減ったこと

13年も経つと

「まぁまぁおっさん」

になり外見は変わりましたが大きな自分自身の大きな変化はないような気がします。

自分自身に大きな変化はないと言っても少しずつ世の中は進んでいて
目に見える変化だったり目に見えない変化だったりで
13年前と現在を比べると間違いなく世の中は変わりましたね。

変化を否定しているわけではありませんが
ボクは海や山や川のように大きな変化を求めず
海や山や川のように少しずつ自然に変わっていきたいです。

10年前の写真。

たまに作業場へ遊びに来ていた長男の峻平の写真ですが
最近は用事があると

「お父さん仕事中にごめん」

と言って2階の作業場へ上がってきます。
そういえば慣れてしまって忘れていましたが

「お父さん」

といつの間にか呼ばれるようになったことも13年前と変わったことです。

All photograph is taken by iPhone.

少しずつ少しづつ

小学校の部活が廃部になり山鹿市内のクラブ活動へ運動部が移行したのがきっかけで
サッカーを辞めた息子の峻平には

「残りの小学校生活は思いっきり遊べばいいんじゃない」

と伝えています。

んで最近のこと。

・小学校のキャンプの引率に行ってきました。

役員をしているので準備などが大変でしたが
キャンプに参加されたみなさんが楽しそうにしていたのがよかったです。
残りの小学校生活も楽しく過ごせるといいなと思っています。

写真は川遊びとヤマメのつかみ取り。
ヤマメを手で捕まえて自分たちで捌いて焼いて食べる体験をしました。
わかりにくい写真ですね・・・・・・

・糸島へ行ってきました。

結婚前からお世話になっている先輩夫婦がウチに遊びに来てくれたので一緒に糸島へ。
子供達同士もずーっと一緒にいて楽しかった様子。

スマフォでカシャと写真を撮ることを考える隙間もないくらいに楽しかったんだけど
最後のお昼ご飯の前にやっとカシャっと1枚。

サーフィンもしたし海水浴もしたし魚釣りもした。
美味しいご飯も食べたし美味しいお酒も飲んだ。
久しぶりの人にも会えたしはじめましての人にも出会った。

うん。
楽しかったぞ。

納期の決まった仕事もあるけど
毎日の生活が楽しいって言える人になりたいです。

自宅に帰ってから

「次はいつ会えると?」

と息子の峻平に聞かれました。
留守番をしていた妻のサッコに楽しかった様子を伝える娘のひふみ。

そういう純粋な気持ちを持った子供に大人は敵いません。
このまま成長してほしいものです。

・子供会の地区旅行でグリーンピア八女に行ってきた。

4歳になったひふみも一緒に同行。
息子の峻平はひたすら友達とプールで遊んでいました。

娘のひふみも楽しかった様子で
唇を紫色にしながら滑り台や浮き輪をつかって3時間程度プールで遊んでいました。

ボクも一緒に水遊びをしたんだけど結構ヘトヘトで
娘のひふみも4歳になると体力がついて成長したなぁ〜と感じました。

プール遊びが終わってからバーベキュー。
お酒も飲んだのですが「あっ」という間に酔っ払って帰りのバスの中では熟睡。

・ご近所さんとの食事会

ご近所さんから食事のお誘いがありました。

前回のお誘いは子供達が病気だったので参加できず・・・・・・
今回は家族全員元気で絶好調。

ということで食事会という名前の飲み会へ行ってきました。

初めましての方やお久しぶりですの方と美味しい食事と美味しいお酒いただき
楽しい時間を過ごすことができました。

久しぶりにお会いした方から
ちょっと怪しい会員バッチみたいな面白い缶バッチをもらいました。

知っている人は知っているという缶バッチです。

あとは川で遊んだり海へ魚釣りに行ったりと毎日を過ごしているのですが
少しずつ少しづつ自分の子供達が自分の手から離れていく感じがしています。

少しずつ少しつづ自分の子供達が自分の手から離れていく感じというのは
うれしかったり寂しかったりするモノなんですね。

最後にちょっとだけ仕事のこと。

舞踊傘の製作依頼をあっちからやこっちからといただきました。

いままでの数ヶ月はまぁまぁ慌ただしい日々が続いたのですが
これからの数ヶ月もまぁまぁ慌ただしい日々が続きそうです。

「慌てずに急げ」
「落ち着いて考えれば大丈夫」

と自分に言い聞かせてがんばります。

そんなこんな最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

赤と青と緑

息子の峻平が小学校から帰宅して作業場へやってきて

「野いちごがたくさんあるところがあるよ」

というので話を聞いていると
通学路の途中に野いちごポイントがあるそう。

作業を早めに終わらせ野いちごポイントへ行ってきました。

そういうのって大切だよね。

息子の峻平は妹のひふみと手をつないで野いちごポイントへ。

優しいなぁ〜

野いちごを3人で収穫して
野いちごジャムを娘のひふみと作りました。

ヨーグルトメーカーを購入したので
自家製ヨーグルトを水切りして野いちごジャムと自家製ミントをトッピング。

美味しかった。

それからご近所の方にいちごをたくさんいただきました。

いちごはフレッシュで食べても余るくらいだったので
残ったいちごは妻のサッコがジャムに。

毎朝ヨーグルトにトッピングして食べているんだけど
自家製ヨーグルトにぴったりで美味しいです。

空の青と山や草木の緑といちごの赤がきれいで
とても気持ちがいい季節になりました。

田舎最高。

そんなこんなの最近のこと。

All photograph is taken by iPhone.

釣りをしていて考えたこと 2

山に囲まれて生活していると
美味しい魚を食べる機会がないので

「自分で釣ったカサゴをお刺身で食べたい」

と家族に宣言して目標にしました。

趣味の釣りは続けています。

自宅から1時間程度で行ける海で釣りをしているのですが
なかなかカサゴは釣れません。

釣具店の方に相談すると
生き餌でハゼが釣れるポイントを教えてもらったので早速ポイントへ。

息子の峻平は狙い通りのハゼを釣りました。
あと海毛虫というという生き物も釣り上げて興奮。

ボクは相変わらずの釣果なし。

ゴールデンウィークを利用して妻のサッコの実家へ帰省しました。
徒歩3分で釣りのできる環境です。

朝早く起きて1人で釣りをして
しばらくすると息子の峻平がやってくるという3日間を過ごしました。

昼は親戚の子供達も釣りをしたいということで子供達のお世話。

親戚の叔父からボートで釣りに連れて行ってもらいました。
ボートでの釣りは初体験。

ボートでの釣りはとても贅沢な釣りですね。
楽しかった。

魚群探知機で表示されていた海深は32メートルで
親戚の叔父さんが50cmくらいのイシモチという魚を釣り上げたのですが
見てるだけでも十分楽しかったです。

ボクはアジやコノシロや深海魚?のような目と口が大きく赤くて長い魚が釣れました。

翌日にニイナ貝をたくさんもらったり
びっくりするような大きさのカツオをいただきました。

3日間の釣果。

初心者のボクでもトライ&エラーを続けると
なんとなくですがカサゴを狙ってカサゴが釣れるようになりました。

朝ごはんは釣れたカサゴを締めて自分で捌いたお刺身。
写真はありませんがめちゃくちゃ美味しかったです。

残りのカサゴは下処理して山鹿へ持ち帰り
唐揚げやお味噌汁で食べました。

美味しかった。

アジは釣ってすぐにお刺身で食べるより1日寝かして食べた方が美味しかったから
カサゴも少し寝かした方が美味しいかも。

小さなカサゴはリリースして3日間で15匹くらい釣りました。
お刺身で食べたのは25cmくらい。
そういえばメジャーを持っていないのでメジャーが欲しいです。


オオスジイシモチ


メバル


カワハギ
お刺身を肝醤油で食べたんだけど最高においしかった。


もう一匹は妻のサッコが煮付けにしてくれました。
肝最高。

魚をもっと上手に捌けるようになりたいし
美味しい魚料理も作れるようになりたいなぁ〜

「自分で釣ったカサゴをお刺身で食べたい」

と宣言した目標は無事に達成。

やったぜ。

次は自宅から1時間程度で行ける海で魚を釣ってみたいです。

All photograph is taken by iPhone.

1TDL10SAB

「趣味はなんですか?」

と自問自答してみると
サーフィンや映画観賞やたまに作る料理だったりかなぁ〜

でも最近は趣味のための時間というのは全くないので
そんな趣味は趣味ではありません。

ボクの趣味ってなんだろう・・・・・・・・

よく考えてみると
ボクの趣味は「子育て」のような気がします。

そうです。
ボクの趣味は子育てなのです。

「趣味はなんですか?」

と聞かれて

「趣味は子育て」

どうなんだろう・・・・・

45歳のおっさんが楽しめる趣味を見つけるのは
かなり面倒でかなりのエネルギーが必要ですね。

最近は息子の峻平が海釣りに興味がある様子。
息子の峻平に便乗するような形でボクも海釣りをはじめました。

ということでボクの趣味は釣りです。

ボクの趣味が釣りといっても山鹿で山に囲まれて生活している
福岡出身のボクには熊本の海釣りのポイントは全く分からず・・・・・・・
熊本の海沿いの土地勘はなく

「どこで海釣りができるんだ?」

という状態なので知人や釣り具店の方に

「熊本で海釣りに行くのはどこですか?」

と聞いてみると

「天草」

とみなさん口を揃えて教えてくれます。

山鹿から天草までの移動距離がおおよそ3時間くらい?
行ったことのない釣り場に行くのが3時間・・・・・・・・

移動時間が3時間ということで天草での釣りはハードルがかなり高く
この時点で心が折れそうだったので
1時間程度で行けるポイントをネットで探しました。

ネットで調べてみるとウチから1時間程度で行けるポイントがあったので
息子の峻平と早起きして日の出前に出発。

海に到着。

しばらくしてもアタリがないのでポイントを移動しました。

お昼前までひたすらルアーを投げ続けましたが
ボクは釣果なし・・・・・・・

息子の峻平もあきることもなくルアーをひたすら投げ続け
最後の最後にタケノコメバルがヒット。

リリースサイズでしたが本人の希望もあり
熊本の海での初ヒットだったので持ち帰って食べるということになって納竿。

帰路へ。

お昼過ぎに自宅にもどり仕事の事務処理をしました。

娘のひふみが
「お外で食べるお肉って美味しいよね」
と前からリクエストされていたので晩御飯は庭木の桜の前でバーベキュー。

外で食事をすると結構な量を食べる娘のひふみです。
確かに外ご飯って美味しいよね。

峻平が釣ったタケノコカサゴは妻のサッコが素揚げに。
峻平は美味しそうに食べていました。

ボクも食べさせてもらったけど美味しかったですよ。

「1TDL10SAB」

1回の東京ディズニーランドに遊びに行くより
10回の外遊びの方が子供の記憶に残るとボクは信じています。

All photograph is taken by iPhone.