ロクロと取材

今日、ロクロ屋さんから電話があった。
今回、発注したロクロの数は400。
ロクロは和傘製作に必要な材料のひとつです。

注文の時にロクロ屋さんとボクとの間で確認がよくできていなかったので
問題発生。

やばい。

でもお互いの心配りで問題は解決。

こういう解決は心地よい。
これからもロクロ屋さんとはこういった関係でいたいと思う。
きっと今月末にロクロがウチに届く。

んで、次の問題。

BSの民放局から取材の依頼。
30分番組のドキュメンタリー番組だそう。

キーワードは「キズナ」と「復興」

確かに周りからボクを見ると「復興」かも。
本人からすると「復興」って言葉はピンとこないんだけど
考えてみると「復興」だよね。

番組制作者より5月10日に電話を頂き取材の承諾をして
企画書を送ってもらう所まで話は進んだんだけど、
最後の電話から連絡なし。

今日、放送局にテレビの取材を断るメールを送った。
すると、すぐに放送局から対応のメールと謝罪の電話が鳴りました。

立腹しているわけではないんですけどね。

「復興」という事は今まで感じた事がありませんでした。
「キズナ」って言うヤツは和傘を製作していて感じた事はありますよ。
それは目に見えないモノで、ボクは言葉にできないけど。

毎日、毎日、問題が発生するよね。
それをその時にどう解決したのかが大切だと思う。

今日の作業は糸飾り。
ひたすら、糸、糸、糸。

A photograph is taken by iphone.