ムカデと畑と和傘の事

それではいきます。

・ムカデに噛まれた。
昨日の深夜、妻のサッコがムカデに噛まれました・・・・・
これで三回目です。

ムカデに噛まれた時の対処法。
三回目となるとさすがに学習してます(笑)
ムカデに噛まれてからすぐに熱いシャワーで洗い流して
シャンプーで何回か洗い流します。
ムカデの毒はタンパク質性の酵素毒らしく、熱に弱く43度以上で毒が分解されるそうです。
洗い流したあとは、準備していたムカデ焼酎で何度か消毒しました。
結果は・・・・
かなり効果がありました。
逆にムカデに噛まれてやってはいけない事は
「冷やす行為」
冷やすと腫れます。
痛いみたいです。
病院に行かないと症状が治まりません。
妻のサッコが経験済みです。
本当です(笑)

・有機肥料をもらった。
汚泥肥料で軽トラック一台分くらいは頂いた。
広さが10坪くらいの小さな畑で野菜をつくっています。
肥料は汚泥肥料と生ゴミのリサイクル堆肥とカルエース
それからすこしの米ぬかを肥料にして小さな畑をやっています。

肥料もそうなんですけど、循環する生活が理想ですね。
肥料やゴミだけじゃなくて、
これを読んでいる人のうれしいなぁって事が
ボクのうれしいなぁになって
ボクのうれしいなぁが他の誰かのうれしいなぁになって・・・・・
うまく循環する事を考えていると不幸にはならないんじゃないかな。
循環といえばもちろんお金も大切なんだけどね(笑)
頭の中の話と現実は別だけど。

和傘を使ってなにか循環することをつくることができたらいいな。

えーっと次は最近の和傘の事を。

・別誂の傘が出来た!
かっこいいのが出来ました!
和傘全盛時代に流行ったであろうデザインをリメイクしました。
黒にするか赤にするか悩んだけど、贈答する方のイメージが赤だったので白地に赤で製作。
写真撮影は終わっているのですが、9月にはいってにサイトで公開します。

・野点傘の修理、張替
えーっと隣町の市役所より依頼があって簡単な見積もり後の連絡待ちだったんだけど
返事があったのでこれから点検と再度見積もり。
実際に使用する野点傘で一番大きな寸法だと思います。

アクロス福岡での展示
八女市の伝統工芸品と一緒に展示して頂いています。
和傘を展示しない?って事で
日傘や博多献上柄の番傘等の4本の山鹿傘を預けました。
ボクの製作する和傘は八女手漉き和紙を使用しています。

さー次のダンドリをしなきゃ。

柄竹

2年4ヶ月前にボクが製作した傘の点検をしました。

お客さんより連絡があって
「柄に巻いてある藤が切れたので修繕してほしい」との事。
点検したら、柄竹を虫が食ってました。

なんでだろう?

素地の竹が悪いのか?
竹の切り時が悪いのか?
保存の仕方が悪いのか?

ボクは柄竹を竹材屋さんから仕入れて1年以上は日陰で寝かせています。
Twitterでもつぶやいていたんだけど、去年から柄竹の虫食いがすごく多い。
竹材屋さんの社長さんやカンテキの職人さんも言ってた。

んーそんなこといっても仕方が無いので
とにかく柄竹を交換しました。

ウチで購入して頂いた和傘につきましては、
購入より一年未満でしたら
こういった不具合等が起こった際には
無償で点検、修理をしています。

預かっている傘は2年4ヶ月経ってますので有償での交換になりました。

あっそれから、

他店購入分の和傘の修理、点検は基本的に受付けていません。
お客さんの心境を考えますと、大変心苦しいのですが
番傘や蛇の目傘等の和傘をお持ちの方で
修理や張替をお考えの方がいらっしゃいましたら
先ずは購入した販売店や製造元にご確認下さい。

購入された販売店が無くなっていたり
思い入れのある傘や
どうしても張替や修理の必要な際には御連絡下さい。
一度、傘の状況を診断させて頂きます。
それから見積を提案させて頂いた後に
張替、修理をさせて頂いています。

保育園が休みだった息子が二階の作業場へあがって来たので
色エンピツを肥後守で削る方法を教えました。

無言で真剣な様子の息子。

しかーし、2本の色エンピツを削って飽きた様子(笑)

それから台所で妻のサッコと頂いたスイカを二人で切って
「おいしそーう!」って二人ですごい喜んでた。
やっぱりエンピツを削るよりスイカを食べた方が楽しいよね(笑)

問い合せはこちらかコメントよりお気軽にどうぞ。

A photograph is taken by iphone.

ロクロと取材

今日、ロクロ屋さんから電話があった。
今回、発注したロクロの数は400。
ロクロは和傘製作に必要な材料のひとつです。

注文の時にロクロ屋さんとボクとの間で確認がよくできていなかったので
問題発生。

やばい。

でもお互いの心配りで問題は解決。

こういう解決は心地よい。
これからもロクロ屋さんとはこういった関係でいたいと思う。
きっと今月末にロクロがウチに届く。

んで、次の問題。

BSの民放局から取材の依頼。
30分番組のドキュメンタリー番組だそう。

キーワードは「キズナ」と「復興」

確かに周りからボクを見ると「復興」かも。
本人からすると「復興」って言葉はピンとこないんだけど
考えてみると「復興」だよね。

番組制作者より5月10日に電話を頂き取材の承諾をして
企画書を送ってもらう所まで話は進んだんだけど、
最後の電話から連絡なし。

今日、放送局にテレビの取材を断るメールを送った。
すると、すぐに放送局から対応のメールと謝罪の電話が鳴りました。

立腹しているわけではないんですけどね。

「復興」という事は今まで感じた事がありませんでした。
「キズナ」って言うヤツは和傘を製作していて感じた事はありますよ。
それは目に見えないモノで、ボクは言葉にできないけど。

毎日、毎日、問題が発生するよね。
それをその時にどう解決したのかが大切だと思う。

今日の作業は糸飾り。
ひたすら、糸、糸、糸。

A photograph is taken by iphone.

土曜日、日曜日、月曜日

をこんな感じで過ごしました。
それではいきます。

土曜日
午前中に野点傘張替・修理及び新調の見積もり終了。
あとは、お客さんより連絡待ち。
天気もよかったので、外でお昼ごはん。
準備の時間に庭木をつかってブランコをつくった。

日曜日
妻のサッコがタケノコの塩漬けに挑戦するとの事。
タケノコを裏山から採って来た。
火をおこしてアクヌキ。
タケノコは採りたてが一番美味しいと思う。
以前撮影した写真ですが
こんな感じ。
じゃーん。

米ぬかがなかったので、山鹿市内へ米ぬかを調達に。
途中、車のラジオで母の日だと知る。
んで、ホームセンターでまな板を買ってサッコにプレゼントしました。

それから野いちごを採りに裏の林へ。
アザミがたくさん咲いてた。
アザミってチクチクするんだよね。

ヘビがばっちり登場しそうな場所だったので、
ヨモギやアザミを採って一旦帰宅して作戦会議。
妻のサッコがヨモギと山椒で蒸しパンを作るんだって。

ごはんを食べて作戦会議の結果、息子の峻平と自転車で散歩。
んで、購買店でスプライトを飲んで休憩。
出発するとヘビ発見!
二人でそっと見守る(笑)
最近はヘビや蜂をよく見ます。

それから散歩の途中でたくさんの野いちご発見!
二人で興奮してると、
「家に戻って来て」と携帯電話が鳴る・・・・・
なんだかお客さんが来られたとの事。
戻ってその男性の方とお話していると、
一ヶ月前に茨城を自動車で出発して全国各地の手仕事や伝統工芸について勉強しているそう。
和傘にも興味があるらしく、作業行程等を簡単に説明していると
「無理!」と苦笑いしてました。
和傘をつくってみたかったのかなぁ?

こういった方が1年間で何人かウチを訪ねて来られます。
そういえばこの前はわざわざ東京から自動車で来られたという方もいらっしゃいましたよ。

んで、
もう一度、家族で野いちごを収穫へ。
結構な上り坂だったので、一人で奮闘。
帰り道で子供でも採れそうな場所にある野いちごを見つけたので
そこは峻平と二人で収穫。

採った野いちごはジャムに。
アイスクリームに乗っけて食べます。
あっそういえば、庭にミントもある。
いやっほー!

草ムラに入ったので、体がかゆくなったので明るいうちにお風呂へ入る。
明るい時間にお風呂にはいるのって贅沢な感じがするのはボクだけ?
夜は、AppleTVでレンタルしたSpy Kids 4を観た。
そんなこんなで休日終了。

月曜日
熊本市内へ行ってきました。
なんとなく気になっていたので、
観たかった映画『SHAME-シェイム-』を観てきました。

観た後は何となく面白かったなぁって感じだったんですが、
上映後、何気にパンフレットを観たらピタッときました。
面白かったです!
娯楽映画でもドキュメンタリー映画でもポルノ映画でもありません。
こういう映画をたくさんみたいです。
良い作品だと思います。

それから
日傘の修理が終わりました。
木柄の取替です。
基本的に他店購入分の傘の修理は受付けていません。
洋傘だったのですが、勉強になりました。
勉強にはなったのですが、きれいな赤字(笑)
いやっ笑い事じゃないって!


All photograph is taken by iphone.

一念発起

って事で、屋根裏を材料の置き場にしようと作業中。

購入したものは
コンパネ8枚。
あとはウチにある材料でなんとかしてます。
自分でいうのはなんですが切羽詰まるとすごいっすよボク(笑)

しかしまぁ今まで手狭の空間の中で作業してるのがすごい。
さらに重ねて自分で言いますよ(笑)
あっでも以前、東京の和傘職人さんは四畳半で和傘を作ってるって聞いた事がある。
その方は和傘の製作を辞められたとお客さんに聞きました。
まぁ他人は他人。
ボクはボク。

さらに材料を発注。
大丈夫かウチ・・・・

明日は、
大分に帰省中の奥さんと息子を竹田に迎えに行ってきます。

発送します。

番傘をプレゼントします!の番傘を発送します。

発送前の商品の写真です。

これは子供番傘(小番傘)です。

こっちは尺八寸番傘無地です。

これから発送をいたします。

当選おめでとうございます!

待つ身は長いと思いますが、
もうしばらく、商品が届くまでお楽しみください。

番傘が届きましたら
実際に番傘をさして楽しむとか、
眺めて楽しむとか、
雨の日を待って楽しむとか、
分解して自分でもう一回つくって楽しむとか、
番傘を使ってコスプレして楽しむとか、

んーどんな使い方して頂けるか想像するだけでも楽しいですね。
遠慮なく好きに楽しく使ってもらえるとうれしいです。

それから、抽選方法に不正の無い事を確認して頂くために
今回応募いただいたみなさま全員に
後日、メールにて抽選方法をお知らせします。
こんな感じで今朝、抽選しましたよ。

今回、インターネット上で番傘のプレゼントを応募したのですが、
ボクのブログやTwitterをみて
・番傘が欲しい
・購入を予定している
・雨が傘をうつ音が聞きたい
・子供に使わせたい
・和傘の普及に使いたい
等と言ってもらえた事はやっぱりうれしかったですね。

それから、告知や宣伝がうまくできなかったなぁ〜
いや、宣伝しないほうがいいのかな?
あれ??
どっちがいいんだ???
んー
またこういった企画ができるようにがんばります。

「番傘をプレゼントします!」にご応募いただきありがとうございました。

今回頂いたメールアドレス及びメッセージにつきましては
「番傘をプレゼントします!」のみに利用させていただきます。

傘屋 崇山 kasayasouzan 吉田崇

生姜と和傘

近所の農家さんに生姜の作り方を教えてもらいました。

その方は
このあたりの地域は農家を辞められる方がこれからふえて
10年先には土地が空きはじめるんじゃないかと言っていました。

確かにそうかも。

ボクが空いた土地をかりて、お米や野菜をつくるのもいいかなと
その時に思いついたのですが、やっぱり止めました。

一人で鍬をもって畑や田んぼを耕すのには限界があります。
一人で広い土地を耕すとくたくたに疲れるだけでしょうね。

それじゃあ、トラクターを使うか!

となると、狭い土地ではトラクターを使っても逆効果です。
効率が悪いのですよね。
んじゃ、土地をかりて一人でトラクターを使って広い土地を耕します。
広い土地で一人では細かい作業ができません。
そうなると農薬だったり化学肥料を散布しなきゃいけません。

トラクターを買うにしろ、農業をはじめるという事は
お金がかかりますね。

なので、路線変更なしの現状維持で家庭菜園です。
来年は生姜をつくってみようと思います。
おかりしている家の小さな土地を鍬を使って耕します。

お金が無いとかお金がもったいないとかいう話ではありません。
お金は欲しいんですけどね。

それから
和傘の材料のロクロを注文しました。

このロクロや和傘もお米や農業と同じです。

和傘の世界の10年後はどうなっているんだろう?

写真はウチの家から見れる景色。
この景色、好きなんですよね。

Camera Sony DSC-F707

柄竹と休日

柄竹を大分の竹材屋さんから仕入れてきました。
九州ではメンチクとかシノとか呼ばれている竹です。

近所にたくさん群生していますが、太さと数を揃えたかったので
製竹された竹を仕入れに行った時に、一緒に購入してきました。
ちなみに太さは5分と7分。

この竹を使って、舞踊傘の柄竹や継柄を製作します。

まずメンチクを川の砂で洗って乾燥させます。
天気も良かったんで家族で近くの川へ。

息子ははりきって手伝ってくれました。

と思ったら、すぐにあきた様子(笑)

きれいに洗ったら、乾燥させます。
乾燥してからもう一度、
竹材屋さんの職人さんにお願いして、
カンテキという節々の曲がった竹を矯正してもらいます。
もどってきた竹を加工してそれから塗装をします。

これは継柄になる予定。

全部で100本洗いました。

昼ご飯は天気も景色もよかったので、
川縁でカップラーメンとおにぎりを食べました。
外で食べるご飯っておいしいですよね。

あっそうそう
昼ご飯食べようとしてた時に息子が「ヘビ」を発見。
近所の方に話をよく聞くヒラクチのよう・・・

おかげで作業も無事終了。
家族が手伝ってくれたのもあって、早く作業も終わったので
息子と二人、近所の不動岩に登って来た。

それから家族で、温泉へ。
その温泉がすごかった!
一言でいうと刺激的!
温泉については長くなりそうなんで次回ってことで。

質問等ありましたら、
お答え出来る範囲でお答えしますので、お気軽にコメント欄かこちらからどうぞ。


All photograph is taken by iphone.

番傘をプレゼントします!

応募は2012年4月28日で締め切りました。

たくさんのご応募ありがとうございました。

実は今日でこの作業場に引越してきて1年なのです!!
5年ぐらいこの作業場にいる気がしますが、
祝!作業場一周年おめでとう!!!
無事に一年が過ごせてよかった、よかった。

一年といえば
ボクはいつも「家族が一年間を過ごせるように」と考えて生活しています。
一年が過ごせたら、そこから先はその繰り返し。
春夏秋冬。
日本っていいなぁ。

それからMobile Meというサービスが終了するというメールをApple社から届いたので、
サイトをリニューアルしたので公開します。
新しいアドレスはこちらです。

傘屋 崇山 kasayasouzan
http://www.kasayasouzan.com/

サイトの引越が無事終了。
あーよかった、よかった。

自分でサイトの製作や引越をしたのですが、
素人ながらよく出来たなぁと思います。

「他人にお願い出来ない事は自分でやってみる」

というより、

「自分の納得のいくようにする」

んー納得してます。
よかった。よかった。

そういえば、最近同じような事を言ってもらったぞ。

「ご自身の思うままにお仕事をお続け下さい」と。

たくさんの事を経験して、いろんな思いで仕事をした人にしか言えない言葉だよね。
ひとりの大人としての言葉を感じるなぁ。

長くなりましたが、これからが本題です。
プレゼントする番傘は・・・・

一名の方に子供番傘(小番傘)をプレゼントします!

せっかくなので、新しいサイトで写真を紹介します。
子供番傘(小番傘)を探してね。
ここからどうぞ!

以下詳細です。

・閉じた時の傘の長さが約74㎝
・開いた時の大きさ約98㎝
・傘骨の数50本
・厚手の八女手漉き和紙を使用
・吊り革、天金
・付属 布製の傘袋

サイトで紹介している子供番傘(小番傘)は柄竹が虎焼ですが、
プレゼントする子供番傘(小番傘)は柄竹が虎焼ではありません。
竹材屋さんで製竹された柄竹になります。

それからプレゼントを追加。
もう一名の方に尺八寸番傘無地をプレゼント!

ウチでは貸し傘というのをやっていまして、
お客様にイベントや展示会等で貸し傘を利用して頂いています。
それからボクの所で和傘を購入して頂いたお客様の
和傘のメンテナンス時などにお客様に貸し出してた番傘です。
それで、貸し傘で商品代金を頂き商品価値というものがゼロになりましたので
プレゼントします。

要するに使用品って事なのですが・・・

こちらの番傘は、2012年3月22日に合羽の取替をしました。
それから手元紙の張替をしまして新品同様です。

新品の番傘はまだ油紙が真新しく白に近い透明なのですが、
この番傘は製作後1年経過していますので、油紙の色が生成りでいい色が出ています。
もちろん破れや破損もありません。
十分に使用できます。

以下詳細です。

・閉じた時の傘の長さが約73㎝
・開いた時の大きさ約109㎝
・傘骨の数48本
・厚手の八女手漉き和紙を使用
・吊り革、天金
・付属 布製の傘袋

参考写真はこちらよりどうぞ。
尺八寸番傘無地を探してね。
サイトの写真は新品になりますが、プレゼントする番傘は説明しましたように使用品です。

プレゼント応募方法

期間
2012年3月28日から2012年4月28日の一ヶ月間。

プレゼント当選賞品
・一名の方に子供番傘(小番傘 新品)
・一名の方に尺八寸番傘無地(展示等の使用品)

応募方法
プレゼントの応募はお一人様一通になります
面倒な会員登録など一切なしです。

メールで受付します。
件名にどちらか欲しい方の番傘を明記し、
氏名、住所、連絡先を送信してね。

当選と発表
2012年4月29日に抽選します。
発表はどうしよう・・・
当選者の方に発表について相談をします。

当選者への連絡方法
当選者の方にこちらより当選のメールを送ります。

それでは、
受付のメールはこちらよりどうぞ!!

頂いたメール及びメールアドレスにつきましては
今回の「番傘プレゼント!」のみに利用いたします。
〒861-0521
熊本県山鹿市小坂2525
tel/fax 0968-44-5282

傘屋 崇山 kasayasouzan 吉田 崇

みんな応募してみてね。

写真は、前回のエントリーの番傘。
シアトル・マリナーズのロゴが入った番傘。
新聞に掲載して頂きラジオで放送されたみたいです。
今日は、東京ドームでシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックの
MLBオープン戦がありますね。
テレビ見なくっちゃ。楽しみ。

A photograph is taken by iphone.

和傘とか伝統とか

今日、出荷してこの番傘の納期に間に合いました。
あーよかったよかった。
ちなみに番傘と大団扇に同じ絵を入れました。

さぁ次の仕事のダンドリしなきゃ。

んで、思った事。

自分で請けた仕事を自分で完結するのが技術で
完成したモノを売る仕事が商売。

どっちの世界にもプロの仕事があって、
その世界の人達はテクニックと知識を必ず持ってる。
大切なのはそのモノに対しての温度や熱といった情熱。
それから、続ける事。

最近は商売について考える事が増えたなぁ。
今までは和傘をつくる事しか考えてなかったもんね。

技術と商売。
両方とも中途半端な感じです。
たぶんずーっと同じ事を言ってそう。

前に和傘問屋を営んでいたという方とお話した事があります。
和傘が全盛の頃と現在を比べて変わったことは、価格と流通だそう。
その問屋さんは、和傘問屋は辞めて別のお仕事をしてあります。

和傘製造工場から問屋さんへ。
それから小売店や販売店を経て消費者っていう流通が和傘全盛時代。
金澤の和傘職人さんに聞いた話では、その時代は傘製造組合もあったそう。
日本で和傘を製作していてこういった流通で販売している所はあるのかなぁ?
和傘製作者は岐阜が一番多いのでそういった和傘の流通があるかも。

現在は組織でも個人でも和傘製作者が直接、お客さんへ販売している所が多数を占めてると思う。
これからは手工業の多数が製作者からお客さんへ販売するようになると思う。
和傘製作者についてはまた次回。

現在そういった流通で販売されている和傘は、輸入された和傘っぽい形の傘。
賛否両論あるのはもちろんなんだけど、
ボクの考えは
この8年の間で和傘製作をはじめた人数よりも辞めた人数のほうが多いんだから
和傘の製作本数は減っていると思います。
だから輸入された和傘っぽい形の傘のおかげで宣伝にはなりますよね。かな?
なんかね、輸入された和傘っぽい形の傘の全てを否定したくないんですよ。

でもね、やっぱり違いますよ。
うまく伝えれないんだけど、何かが絶対的に違うんだよね。
その「何か」が解らない。

藤井猛さんの言葉を拝借すると
「こっちは鰻しか出さない鰻屋だからね。ファミレスの鰻に負けるわけにはいかない」
が「何か」に一番近い言葉です。

和傘のニュースをネットでたまに見かけるけど、
京都の老舗の和傘屋さんの社長さんが企業理念で「伝統は革新の連続である」と言い切ってた。
老舗だから言えるんだよなぁ〜
老舗じゃなかったら、「型破り」というより「形無し」になっちゃうよね。

そういえば、世の中のわけのわからん流行って「形無し」だらけ。

ボクはそんな事は言えません。
だってまだ8年しか続けていませんから。

ボクは
「伝統とは続ける事。伝統って山や川、それから海のように何も変わらずに変化していくもの」
だと考えています。

ボクはなーんにもない所から和傘をつくりはじめました。
だから伝統という言葉につかまりたくないし、伝統という言葉を使いません。

ボクの中では和傘って
「今までに無かったモノだったし、今までに有ったモノ」です

だから何が言いたいかって?
なんだか今回も言いたい事が書けないのです。

あーなんだか言いたい事を書けなかったんで
近況を報告。
前回のエントリーで書いたテレビが遠くからはるばる吉田家にやってきました(笑)

電気屋さんの販売員さんが支払いの時に一万円近く値引きしてくれたので、
福岡のApple Store Fukuoka Tenjin でApple TVを購入。
16年ですげー進化してますね。
これ、いいっすよ。

A photograph is taken by iphone.