舞踊傘の柄竹交換

Twitterではつぶやいていたんだけど
舞踊傘の柄竹の交換の依頼を受付して無事に納品が終わりました。

舞台で使用する期日が迫っていてお困りの様子だったのですが納品が無事に終わってよかったです。

柄竹を交換した後の舞踊傘。

おーなんかいい感じで写真が撮れたぞ。

この写真の傘はボクが製作した舞踊傘ではありません。

ボクは柄竹を交換しただけです。
ウソじゃないです。
本当です。

まぁさておき。
舞踊傘の柄竹交換の話。

柄竹っていうのは和傘の部品のひとつで和傘の持ち手で、
竹製だったり、大きな野点傘は木製だったりします。

まずは、女竹(メンチクとかメダケとかシノと九州では呼ばれています)を準備します。
準備の様子はこのエントリーで紹介。

竹って節のところであっち向いていたり、こっち向いていたりするので
乾燥させて
熱を加えて真っすぐにします。
こんな感じ。

ちなみに写真に写っている矯木という手道具で竹を真っすぐにします。

この作業はカンテキと言ってちゃんとした専門の職人さんがいて
普段は大分のカンテキ職人さんにお願いしています。

実際の作業現場はすごいですよ。
ゴーっとガスで熱を加えて大きな矯木で長くて節々で曲がった竹をグニャグニャと矯正。
職人さんは太い竹から細い竹まで油抜きしてあるさまざまな竹をカンテキをしています。
真っすぐになった竹を確認している職人さんの目がかっこいいです。

職人さんに聞いた話では弓矢や釣り竿を製作するときは
熱を加えて矯めるだけではなく竹に重しをぶら下げて真っすぐにするとか
聞いた事があります。
すごいよね。

んで、真っすぐにした竹の皮を剥ぎます。

製作する舞踊傘の柄竹は竹の皮がついたままですと
塗料や接着剤が乾燥した後に剝離するので竹の皮を剥ぎます。

あっそれから和傘の傘骨を製作するときにも竹の皮を剥ぎます。
和傘は竹でできた傘骨の上に糊や塗料を使用するので竹の皮を剥ぎますね。

傘屋小刀を使って、シァーっと竹の皮を剥ぐのですが
シァーっとうまく出来るようになるまでには
気持ちの悪い音と共にすごく親指が熱くなって痛い思いをしてました。
コツさえつかめば誰でも気持ちよく作業できます。

竹の皮の写真。

それから、カシュー塗装の下地処理をします。

んで、カシューで塗装して木製のハジキや藤や石突を取り付けて完成です。

この写真の柄竹は女持ちの和傘の柄竹。
交換した舞踊傘の柄竹と一緒に製作しました。

製作日数は乾期でも最短で4日はかかりますね。
それに出来上がった柄竹を交換してまたロクロ付近を和紙で補修したりカシューで塗装したら、
プラス2〜3日間は製作日数がかかります。
これが一本の舞踊傘の柄竹の交換です。

柄竹の交換は手間がかかり面倒ですし、
利益の事を考えると出来ません。

でもね、困っているんですよね。
どーしても和傘が必要な人が。

誰かが、なんとかせんといかんよね。

ボクがどうにもできないときには、
数少ない和傘職人さんがどうにかするしかないし、
その数少ない和傘職人さんたちがどーにもできないときは
和傘の世界がなくなる時だと思う。

ちなみに、このお客さんは
その数少ない和傘職人さんたちをまわりにまわって
ボクのところにやってきました。

その話は長くなるのでまた次回ってことで。

All photograph is taken by iphone.

ボクは基本的に他店購入分の修理、張替は受付していません。
和傘の修理や張替等の相談は
まずは購入された販売店へご相談ください。

購入した傘屋さんが廃業されていたり
思い入れのある和傘についてはお話をお聞きした後に
傘を見せていただき、診断した後に
見積もりを提案させていただき、修理や張替の受付をしています。

ムカデと畑と和傘の事

それではいきます。

・ムカデに噛まれた。
昨日の深夜、妻のサッコがムカデに噛まれました・・・・・
これで三回目です。

ムカデに噛まれた時の対処法。
三回目となるとさすがに学習してます(笑)
ムカデに噛まれてからすぐに熱いシャワーで洗い流して
シャンプーで何回か洗い流します。
ムカデの毒はタンパク質性の酵素毒らしく、熱に弱く43度以上で毒が分解されるそうです。
洗い流したあとは、準備していたムカデ焼酎で何度か消毒しました。
結果は・・・・
かなり効果がありました。
逆にムカデに噛まれてやってはいけない事は
「冷やす行為」
冷やすと腫れます。
痛いみたいです。
病院に行かないと症状が治まりません。
妻のサッコが経験済みです。
本当です(笑)

・有機肥料をもらった。
汚泥肥料で軽トラック一台分くらいは頂いた。
広さが10坪くらいの小さな畑で野菜をつくっています。
肥料は汚泥肥料と生ゴミのリサイクル堆肥とカルエース
それからすこしの米ぬかを肥料にして小さな畑をやっています。

肥料もそうなんですけど、循環する生活が理想ですね。
肥料やゴミだけじゃなくて、
これを読んでいる人のうれしいなぁって事が
ボクのうれしいなぁになって
ボクのうれしいなぁが他の誰かのうれしいなぁになって・・・・・
うまく循環する事を考えていると不幸にはならないんじゃないかな。
循環といえばもちろんお金も大切なんだけどね(笑)
頭の中の話と現実は別だけど。

和傘を使ってなにか循環することをつくることができたらいいな。

えーっと次は最近の和傘の事を。

・別誂の傘が出来た!
かっこいいのが出来ました!
和傘全盛時代に流行ったであろうデザインをリメイクしました。
黒にするか赤にするか悩んだけど、贈答する方のイメージが赤だったので白地に赤で製作。
写真撮影は終わっているのですが、9月にはいってにサイトで公開します。

・野点傘の修理、張替
えーっと隣町の市役所より依頼があって簡単な見積もり後の連絡待ちだったんだけど
返事があったのでこれから点検と再度見積もり。
実際に使用する野点傘で一番大きな寸法だと思います。

アクロス福岡での展示
八女市の伝統工芸品と一緒に展示して頂いています。
和傘を展示しない?って事で
日傘や博多献上柄の番傘等の4本の山鹿傘を預けました。
ボクの製作する和傘は八女手漉き和紙を使用しています。

さー次のダンドリをしなきゃ。

柄竹

2年4ヶ月前にボクが製作した傘の点検をしました。

お客さんより連絡があって
「柄に巻いてある藤が切れたので修繕してほしい」との事。
点検したら、柄竹を虫が食ってました。

なんでだろう?

素地の竹が悪いのか?
竹の切り時が悪いのか?
保存の仕方が悪いのか?

ボクは柄竹を竹材屋さんから仕入れて1年以上は日陰で寝かせています。
Twitterでもつぶやいていたんだけど、去年から柄竹の虫食いがすごく多い。
竹材屋さんの社長さんやカンテキの職人さんも言ってた。

んーそんなこといっても仕方が無いので
とにかく柄竹を交換しました。

ウチで購入して頂いた和傘につきましては、
購入より一年未満でしたら
こういった不具合等が起こった際には
無償で点検、修理をしています。

預かっている傘は2年4ヶ月経ってますので有償での交換になりました。

あっそれから、

他店購入分の和傘の修理、点検は基本的に受付けていません。
お客さんの心境を考えますと、大変心苦しいのですが
番傘や蛇の目傘等の和傘をお持ちの方で
修理や張替をお考えの方がいらっしゃいましたら
先ずは購入した販売店や製造元にご確認下さい。

購入された販売店が無くなっていたり
思い入れのある傘や
どうしても張替や修理の必要な際には御連絡下さい。
一度、傘の状況を診断させて頂きます。
それから見積を提案させて頂いた後に
張替、修理をさせて頂いています。

保育園が休みだった息子が二階の作業場へあがって来たので
色エンピツを肥後守で削る方法を教えました。

無言で真剣な様子の息子。

しかーし、2本の色エンピツを削って飽きた様子(笑)

それから台所で妻のサッコと頂いたスイカを二人で切って
「おいしそーう!」って二人ですごい喜んでた。
やっぱりエンピツを削るよりスイカを食べた方が楽しいよね(笑)

問い合せはこちらかコメントよりお気軽にどうぞ。

A photograph is taken by iphone.