志ら浪と博多献上柄の番傘

IMG_7108

演目「志ら浪」で使われる舞踊傘と
贈答用で使われる博多献上柄の番傘と2尺番傘無地の納品が無事に終わりました。

「志ら浪」には正式な演目名があると思うのですが
勉強不足のためにボクは知りません・・・・・
演目の内容は5人の泥棒の話だったと思います。

志ら浪で使われる舞踊傘は和紙の仕上がりで納品しました。
あとは提灯屋さんが文字入れをして完成です。

博多献上柄の番傘は独鈷と華皿を1本ずつと
2尺番傘無地を納品しました。
それぞれの番傘は柄竹が虎焼になっています。

製作した番傘の写真は撮影していないのでWebサイトで紹介。
博多献上柄はこちらで2尺番傘無地はこちらからどうぞ。

A photograph is taken by iPhone.

作業公開

提灯屋さんから文字入れの傘が帰って来た。
提灯屋さんから帰って来た傘っていい匂いがするんだよなぁ〜
それから、なんともいえない艶消し黒がきれい。

まず和傘の説明。
簡単に言うと日本製の傘です。
「Made in Japan」ですね。
材料は主に和紙と竹と木工製品で出来ています。

それでは、作業を紹介します。
ちなみに番傘に絵を入れる作業です。

まずは、傘に木炭鉛筆でアタリを入れます。
要するに下書きですね。

じゃーん

それから、水性塗料で着色します。
こんな感じ。

たまに失敗する時もあります。
塗料がはみ出たり、滲んだりした時は
その部分だけを補修します。
補修の方法は様々です。
それが・・・・・
今回はすごい失敗をしてかなり落ち込みました。

反省の意味を込めて公開。

これは、一度納品させてもらったお客さんより再度注文。
「蛇の目ずらし」

提灯屋さんの3本
博多献上柄の3本
蛇の目ずらしの3本
それから別の2本の傘を
折付けそれから仕上げという行程の作業をします。

う〜んどうなんだろ?
作業の経過をブログに公開するって。

まあいいや、質問等あったらお気軽にこちらからどうぞ。
回答できる範囲でお答えしますよ。

こんな事を言っておいて
もし質問がたくさんきたらどうしよう?
そのときはブログで月に一度くらいで質問コーナーとかいいかも。
おー
インターネットって便利だ。