インタビューを受けました。

ふだんの取材依頼はお断りしているのですが
山鹿市広報に同封される三岳公民館館報のインタビューを2時間程度受けました。

音声記録を文字にした記事を校正したのですが
校正をする箇所も少なく
校正後に修正された記事がウチにも届きました。

ボクのわからない過去の山鹿傘については図書館で資料を調べられたということで
ボクの伝えたいことを真摯に受け止めていただき記事にしてもらったと感じています。

世の中に対する影響力を考えると
とても影響力の小さなメディアですが
ボクから読者までの距離を考えると
どんなメディアよりもボクから読者までの距離が1番近いメディアだと思うので
こういったアクションは大事にしたいです。

記事を発刊していただいた三岳公民館指導員の吉田寛子様には感謝しています。

この場をかりてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

アクションに対するリアクションなのですが
日常生活でお会いするご近所の方々から応援の言葉や励ましの言葉をかけていただき
心地のよい反応を感じています。

でも、これからも取材の依頼はお断りすると思います。

2006_~35

A photograph is taken by MacBook(Late 2006)

新聞に掲載されました。

発刊された新聞をいただき拝見しました。

発刊前日に新聞社の担当者から電話で写真掲載と記事掲載の許可を求める連絡がありました。
記事については校正を希望しましたが、校正できず・・・・・

写真は俳優でクリエーターでもある井浦新さんの撮影です。

IMG_5138

写真はネットでも公開されているみたいなので、気になる方はネットで調べてね。

パソコンのモニターでの閲覧よりも、ボクは紙面での閲覧がピタッとくる感じです。
紙面をめくって、見た瞬間にドキっとする感じがいいなと思いました。

A photograph is taken by iphone.

ロクロと取材

今日、ロクロ屋さんから電話があった。
今回、発注したロクロの数は400。
ロクロは和傘製作に必要な材料のひとつです。

注文の時にロクロ屋さんとボクとの間で確認がよくできていなかったので
問題発生。

やばい。

でもお互いの心配りで問題は解決。

こういう解決は心地よい。
これからもロクロ屋さんとはこういった関係でいたいと思う。
きっと今月末にロクロがウチに届く。

んで、次の問題。

BSの民放局から取材の依頼。
30分番組のドキュメンタリー番組だそう。

キーワードは「キズナ」と「復興」

確かに周りからボクを見ると「復興」かも。
本人からすると「復興」って言葉はピンとこないんだけど
考えてみると「復興」だよね。

番組制作者より5月10日に電話を頂き取材の承諾をして
企画書を送ってもらう所まで話は進んだんだけど、
最後の電話から連絡なし。

今日、放送局にテレビの取材を断るメールを送った。
すると、すぐに放送局から対応のメールと謝罪の電話が鳴りました。

立腹しているわけではないんですけどね。

「復興」という事は今まで感じた事がありませんでした。
「キズナ」って言うヤツは和傘を製作していて感じた事はありますよ。
それは目に見えないモノで、ボクは言葉にできないけど。

毎日、毎日、問題が発生するよね。
それをその時にどう解決したのかが大切だと思う。

今日の作業は糸飾り。
ひたすら、糸、糸、糸。

A photograph is taken by iphone.