舞踊傘の柄竹の矯正

柄竹の矯正を職人さんにお願いしてきました。

ふだんは大分の竹材店にお願いしているのですが
今回は本数も少ないのである職人さんのところへ。

仕上がった柄竹は
ビシッとまっすぐになっています。

素晴らしい技術です。

作業中に竹についていろんな話をお聞きしたのですが
職人さんから
「あんたと話していると面白い」
と言われたのでうれしかったです。

このビシッと矯正された竹を加工して舞踊傘の柄竹を製作します。

img_8985

A photograph is taken by iPhone.

柄竹を仕入れてきました

梅雨と竹は相性が悪いような気がします。
九州は梅雨がもうじきやってきますね。

これから梅雨がやってきますが、
去年の梅雨を思い出すと、
雨による自然災害が発生しないことを願うしかないし
自然に逆らう事ができないので自然に生きるしかできません。

自然に生きていきたいですね。

んで、梅雨に入る前に
和傘の柄になる竹を大分の竹材店さんに仕入れに行ってきました。

前日に、在庫と都合を聞いたのですが出来るだけ早い時間がいいとのことで
早い時間に山鹿を出発しました。

早い時間に出発したので
日田の友達と先輩の所に30分くらい立ち寄りました。

こちらにおじゃましてきました。

生活の中に水のある風景っていいですね。

目的地の竹材店に到着して柄竹を仕入れてきて
無事、山鹿に到着。

いい具合の柄竹を仕入れることが出来ました。

あーよかった。

IMG_4593

竹材店で話に夢中になって、
iPhoneを放置してたら警告が表示されていました。
IMG_4591

これから暑くなりますのでみなさんお体ご自愛下さいね。

All photograph is taken by iphone.

柄竹とロクロの交換

Twitterでは何度かつぶやいたんだけど、
2年前に購入した柄竹は虫喰いが多いです。
2011年購入分の柄竹なんだけど、竹材屋さんの社長さんも同じ事を言ってた。

17年ゼミみたいな周期があるのかなぁ〜

購入した柄竹は1年間は日陰で寝かせて使用しています。
418437_190476427750405_2012512922_n
ちなみにコイツが犯人です。
見えるかな?
成虫は羽が赤い小さなカミキリムシとみたいな形をしてて、大きさはホタルくらいです。
暖かい季節は虫が竹の中でカリカリと竹を食べている音がします。

それでは、日傘の柄竹の交換について。

まずは日傘の写真をサイトで紹介。
日傘の写真はここです。

去年製作した日傘の柄竹にムシが入っていそうな形跡があって販売出来ない状態でしたので
ボクの奥さんに事情を説明して使用してもらっていました。
家族で通潤橋に行った時の写真。
IMG_2873
最近確認してみるとやっぱり虫がはいっていて
柄竹がボロボロの状態だったので柄竹の交換をしました。

柄竹の在庫を確認しているといい具合の柄竹があったので早速交換。
九州の和傘の特徴の虎焼の柄竹(竹輪焼とかいいます)に
木製のハジキを取り付けて交換しましたよ。

じゃーん。
IMG_4127

次は舞踊傘について。

サイトにも舞踊傘を公開しました。
よかったら、みてね。

舞踊の世界で和傘は必要な道具だそうです。

現在、舞踊傘を少しずつ製作をしていますので
完成したらサイトに舞踊傘の写真を少しずつ公開していこうと考えています。
乞うご期待。

舞踊傘の柄竹の交換について。

柄竹を交換して傘骨の修理をした舞踊傘。
IMG_4211

これは天ロクロを交換して傘骨を修理した舞踊傘です。
傘の内側が銀色で外側がピンクでした。
IMG_4141

写真を見ると
ボクが製作した舞踊傘のようですが、
ボクは柄竹を交換したりロクロを交換して修理しただけです。
ウソじゃないです本当です。

前回の舞踊傘の柄竹の交換のエントリーでも紹介しましたが

修理や張替に必要なものは手間です。
それから少しの知識と技術。

手間を惜しんだ人は修理や張替ができません。

舞踊傘の柄竹の交換と同時に女持の和傘の柄竹も一緒に製作しました。
完成した柄竹はこんな感じです。
IMG_4118
木製ハジキを二つ取り付けています。
あと、持ち手の所に藤を巻いて石突を取り付けています。

こんな感じで柄竹やロクロの交換をしました。

さぁ、次のダンドリ。
これから野点傘を修理して張替をします。

お問い合わせはコメント欄かこちらからどうぞ。

傘屋 崇山 Kasaya Souzan では基本的に他店購入分の修理、張替は受付していません。
和傘の修理や張替等の相談はまずは購入された販売店へご相談ください。

購入した傘屋さんが廃業されていたり
思い入れのある和傘についてはお話をお聞きした後に
傘を見せていただき、診断した後に
見積もりを提案させていただき、修理や張替の受付をしています。

All photograph is taken by iphone.

柄竹

2年4ヶ月前にボクが製作した傘の点検をしました。

お客さんより連絡があって
「柄に巻いてある藤が切れたので修繕してほしい」との事。
点検したら、柄竹を虫が食ってました。

なんでだろう?

素地の竹が悪いのか?
竹の切り時が悪いのか?
保存の仕方が悪いのか?

ボクは柄竹を竹材屋さんから仕入れて1年以上は日陰で寝かせています。
Twitterでもつぶやいていたんだけど、去年から柄竹の虫食いがすごく多い。
竹材屋さんの社長さんやカンテキの職人さんも言ってた。

んーそんなこといっても仕方が無いので
とにかく柄竹を交換しました。

ウチで購入して頂いた和傘につきましては、
購入より一年未満でしたら
こういった不具合等が起こった際には
無償で点検、修理をしています。

預かっている傘は2年4ヶ月経ってますので有償での交換になりました。

あっそれから、

他店購入分の和傘の修理、点検は基本的に受付けていません。
お客さんの心境を考えますと、大変心苦しいのですが
番傘や蛇の目傘等の和傘をお持ちの方で
修理や張替をお考えの方がいらっしゃいましたら
先ずは購入した販売店や製造元にご確認下さい。

購入された販売店が無くなっていたり
思い入れのある傘や
どうしても張替や修理の必要な際には御連絡下さい。
一度、傘の状況を診断させて頂きます。
それから見積を提案させて頂いた後に
張替、修理をさせて頂いています。

保育園が休みだった息子が二階の作業場へあがって来たので
色エンピツを肥後守で削る方法を教えました。

無言で真剣な様子の息子。

しかーし、2本の色エンピツを削って飽きた様子(笑)

それから台所で妻のサッコと頂いたスイカを二人で切って
「おいしそーう!」って二人ですごい喜んでた。
やっぱりエンピツを削るよりスイカを食べた方が楽しいよね(笑)

問い合せはこちらかコメントよりお気軽にどうぞ。

A photograph is taken by iphone.

柄竹と休日

柄竹を大分の竹材屋さんから仕入れてきました。
九州ではメンチクとかシノとか呼ばれている竹です。

近所にたくさん群生していますが、太さと数を揃えたかったので
製竹された竹を仕入れに行った時に、一緒に購入してきました。
ちなみに太さは5分と7分。

この竹を使って、舞踊傘の柄竹や継柄を製作します。

まずメンチクを川の砂で洗って乾燥させます。
天気も良かったんで家族で近くの川へ。

息子ははりきって手伝ってくれました。

と思ったら、すぐにあきた様子(笑)

きれいに洗ったら、乾燥させます。
乾燥してからもう一度、
竹材屋さんの職人さんにお願いして、
カンテキという節々の曲がった竹を矯正してもらいます。
もどってきた竹を加工してそれから塗装をします。

これは継柄になる予定。

全部で100本洗いました。

昼ご飯は天気も景色もよかったので、
川縁でカップラーメンとおにぎりを食べました。
外で食べるご飯っておいしいですよね。

あっそうそう
昼ご飯食べようとしてた時に息子が「ヘビ」を発見。
近所の方に話をよく聞くヒラクチのよう・・・

おかげで作業も無事終了。
家族が手伝ってくれたのもあって、早く作業も終わったので
息子と二人、近所の不動岩に登って来た。

それから家族で、温泉へ。
その温泉がすごかった!
一言でいうと刺激的!
温泉については長くなりそうなんで次回ってことで。

質問等ありましたら、
お答え出来る範囲でお答えしますので、お気軽にコメント欄かこちらからどうぞ。


All photograph is taken by iphone.