最近納品した舞踊傘

・黒蛇の目(紗)

「将門」という演目で使われるそう。
見本品を送ってもらいメールと電話で打ち合わせをして製作。

納品が終わって安心していたら別件で寸法違いの黒蛇の目(紗)の製作依頼がありました。
別に油断していたわけではないのですが結構びっくりしました。

・黒ぼかし(紗)

黒でぼかした舞踊傘は「鷺娘」という演目がよく知られているのですが
「雪」という演目でも黒ぼかしの舞踊傘が使われるそう。

「鷺娘」は単色での糸飾り(白)なんだけど「雪」の演目で使われる舞踊傘は
流派?によっては5色だったり単色だったりするらしいです。

なんだかややこしいですね・・・・・

納品は無事に終ったのですが別件で寸法違いの黒ぼかし(紗)の製作依頼がありました。
こちらも油断していたわけではないのですが結構びっくりです。

・沖縄の傘

過去の請求書とブログのエントリーを調べてみると1年に1度製作依頼をいただいています。
今回は納品期日が厳しい感じだったので新調をあきらめて見本品の在庫を納品。
様々な寸法の紺日傘を納品したのですがどんな踊りなのか見てみたいです。

これで在庫なし・・・・・

・番傘

ロゴや文字のレイアウトはボクが担当して
絵入れは妻のサッコに時給1000円で依頼。

納期にも間に合い無事納品完了。

・三段傘の修理

久しぶりに三段傘を修理しました。

舞台で使いたいということで修理というよりほとんどの部品の交換と張替で新品同様になりました。
あとは先方が生地をつけられるということで無事納品完了。

・黒ぼかし(紗)

演目「鷺娘」で使われる舞踊傘を製作しました。
今回は仕上がりが思ったより上手くいかなくて少しヘコんでいました。

ヘコんでいても時間は戻ることはないのでヘコんでいる暇はありません。

仕上がりが思っていたより上手くいかなかった理由が理解できたので
仕上がりが思っていたより上手くいかなくて少しヘコんでよかったです。

今のボクにできるこれ以上にない最高の舞踊傘が製作できたので
次はもっと最高な舞踊傘が製作できると信じています。

All photograph is taken by iPhone.

紺日傘を納品しました

沖縄の傘と呼ばれる紺日傘の舞踊傘を納品したのですが
今回は和紙の風合いや仕上がりに不安が残る納品でした・・・・・・

過去に何度か紺日傘を納品させてもらったんですけど
今回の作業は慢心したわけでも注意不足だったわけでもなく
準備は十分にしていたので単純に経験と知識不足でした。

次回があるのかどうかはわかりませんが
今のボクにこれ以上の傘はできないので
納品した傘はボクにとってこれ以上にない最高の傘ができたと思います。

先方のリアクションが不安だったので
納品してから10日後にクレームや問い合わせなどがないか連絡してみると

「今のところ何もないよ」

という言葉をもらったので安心しました。

何となく過去に納品した紺日傘のエントリーを検索して読んでみたのですが
4年前のことや2年前のことや昨日のことをボクは今日も変わらずに繰り返しています。

落ち込んでいるわけではありませんが
結局は何も変わっていないような前に進んでいるような・・・・・・・

過去のエントリーを公開したときの気持ちと
今回のエントリーを公開したときの気持ちが変わっていなかったことが
今回納品させてもらった沖縄の傘を通じて手にいれたモノのような気がします。

A photograph is taken by Sony DSC-RX100.

紺日傘の再注文

去年の10月に納品させて頂いた紺日傘の再注文がありました。
前回納品した紺日傘について紹介したエントリーはこちらです。

無事に納品は終わったのですが
最近は全体的に納品が遅れがちなのでもう少し時間に余裕のある納品をしたいです。

製作した紺日傘は「沖縄の傘」と呼ばれている舞踊傘で
沖縄の傘が使われている演目を鑑賞したことがないので
製作者としてはどんな内容の演目でどんな感じで製作した傘が使われているのか気になります。

さて、納品した紺日傘なのですが
前回の消化不良な感じの気持ちが
気持ちよく自分の中で消化できるように
さまざまなアドバイスをもとに作業をしたのですが
前回の消化不良な感じの工程が何となく理解できたので

「なんとなく理解できたかも?
 もう少し経験すると納得できると思う。」

と自分の中では前進した気分でいたのですが
今回は別の工程が消化不良気味・・・・・・・

他人まかせの部分があって仕上がりが微妙に納得いかず・・・・・・・

でも、前回の納品の時の消化不良はうまく消化できたので
良くなったような悪くなったような・・・・・・

んー

これの繰り返し。

でも、これ以上の傘を今のボクには製作できないので
ボクにとってこれ以上にない最高の傘ができたと思います。

と、このブログの公開の下書きをしていたら

「もうヒトマワリ大きい沖縄の傘の注文があるから見本を送ります。」

と連絡をいただきました。

2006_~35

2006_~35

紺日傘の再注文と再々注文の話をいただいたのですが

「ちょんまげところに行かないと草相撲じゃだめ」
「1ヶ月でいいから弟子に入ってきなさい」

12年前に訪ねた職人さんに言われたことを思い出しました。

All photograph is taken by iPhone.

紺日傘

紺日傘を納品しました。
和紙を紺に染色して製作したのですが
今回はちょっとへこんでいます・・・・・

初めてのイロミだったり
時間の制約だったりと言い訳はいくらでもあるのですが
どういった経緯でも結果は出さないといけません。

理想を言葉にしているだけでは
モノつくりの世界で生き残ることができません。

その結果が気持ちが良いものでも気持ちが悪いものでも
受け入れるしかないのです。

一発勝負で納期が決まっていると
なかなか納得のいく舞踊傘はできないもので
納品して反応が見えるまで
悔しいというか
なんともいえないもどかしい気持ちになり
心苦しいものです。

反応というレスポンスがみえないと徐々にそのワダカマリを忘れてしまい
また同じ気持ちを味わうことになるのですが
その気持ちを味わいたくないので
次回もこれ以上にない和傘を製作することでしか
そのワダカマリの解決方法はないのです。

その繰り返し。

先方は
「できる精一杯をしてくれているから大丈夫。ウチも同じようなものだよ」
と言ってくれたので少しだけ心が落ち着きました。

反省はバカでもできます。
反省して落ち込んでいるヒマはありません。

「やろう」と思うより「やった」ことの方が価値があると信じています。

「今のうちにしたとのない仕事をたくさんしておいた方がいいよ」

と教えてくれた75歳で現役の職人さんの言葉を思い出しました。

写真ではいい感じなのですが・・・・・・・

IMG_6400

A photograph is taken by iPhone.