コンパクトデジタルカメラを買った。

生まれて初めて新品のコンパクトデジタルカメラを買いました。
SONY製のDSC-RX100というコンパクトデジタルカメラです。
Amazonで48800円でした。

説明書も読まずに、
ちょっと触った感じですが、
パノラマ撮影やモノクロ撮影などたくさんの機能がついているようで
多機能を使いこなせない感じがしてます・・・・・・・

本体や別売の純正カバーの質感には満足しています。

購入したDSC-RX100の使用感がまだ書けないので
ボクのデジタルカメラ履歴を簡単に紹介。

そういえば、初めてデジタルカメラを持ったのは何年前だろ?

たしかまだ福岡にいた頃に
先輩から中古のパソコンとプリンターと中古の富士フイルム製のデジタルカメラを買ったなぁ〜
バッテリーは単三電池を四本で記憶媒体がスマートメディア?だったかな
容量は2Mだったような気がする。
でも、初めて持ったデジタルカメラだったから妙にうれしかったのを覚えています。
バッテリーの消耗が早かったので電池の購入代金がやけにかかってました。
1枚の写真のデーターが130Kくらいじゃなかったかな。

それからオークションで
中古のDSC-F707というSONY製のデジタルカメラを買いました。
今も現役で使っています。

このデジタルカメラは撮影の時にレンズの角度を自由に変えることができたり、
レンズ部分がしっかりと持つことができ、修理履歴が2回というお気に入りのデジカメです。
修理代金は毎回定額の18000円です。
記憶媒体はメモリースティックで容量は128Mが上限です。

今回購入した、DSC-RX100は記憶媒体は2種類選択できるのですが
ボクはEye-FiというSDカードを購入しました。
容量は8Gです。
WiFiを利用して無線でデーターをパソコンへ転送出来るという優れものです。

このデジタルカメラはAmazonで購入して
撮影した写真は無線でボクが持ってる、
Macbook ProやiPhoneへ転送できるという
人間と人間のコミュニケーションの必要がないという環境なのですが、とても便利な世の中ですね。

なにか一つ便利になれば、
なにか一つ大切なものが無くなっているような気がします。

でも、その便利さの全てをボクは否定したくはないんですよね。

楽しい未来がくるといいな。

最初に持ったデジタルカメラで撮影した写真です。
和傘製作の工程の一つで

「骨揃え」

という作業です。

DSCF0007
2004年 鳥取県西伯郡淀江町にて撮影

やってみた。

突然なんですが
昨日の夜に電気のない生活を送ってみました。
まずは、息子がブレーカーをオフに。
IMG_4400

暗くなるのでキャンドルを準備。
IMG_4401

早めに夕飯を食べて、
少し寒くなりはじめたので、
薪ストーブを焚いて少しお酒を飲んでゆっくりとした時間が過ごせました。

なぜか、急に勉強をはじめた息子。
IMG_4414

お風呂に入って暖まって
キャンドルの明かりで本を読んで早めに就寝しました。

短時間なのですが、電気がないのでいろいろと考えます。
今まで電気のある便利な生活を家族で送っていたので
突然、電気のない生活になるとはじめは電気のない生活が新鮮で楽しいんだけど、
時間の経過と平行して家族はヒステリーになったりストレスを感じた様子でした。

ボクは楽しかったけど。

なんで、突然電気のない生活を送ってみたかというと

息子を預かってもらっている保育園で月に3日間テレビやゲームなどをやめる
「ノーテレビデイ」
ということに取り組んでいること。

それから、夫婦で見た映画が共感できたこと。

2年前の3月11日に戦後最大の自然災害で日本中をかけめぐったエネルギー問題のこと。

論より証拠。

ということで夜に電気のない生活を送ってみました。

自分がやってみたいことはやってみないとね。

あと、共感してくれたボクの奥さんにも感謝しています。

All photograph is taken by iphone.

雪が薄く積もった寒い日に

昼過ぎには薄く積もった雪も溶け、暖かい日差しの中

あなたは優しい声ではじめて電話をかけてきた。

「急な話なんだけど、お前の家に行って会いたい」

わたしは突然の電話にとまどいながら

「急に無理だわ。こっちにも都合があるし・・・」

と受話器越しに話すと
あなたは急に素っ気ない態度になって電話を切った。

やっぱり私の体だけが目的だったのね・・・・・・

あなたたちはいつもそう。

肌を合わすときだけ、電話をかけてきて

気持ちの無いセックスをすますと

冷たくなったシャツに袖を通しながら

「会ってくれてありがとう」という言葉だけを残して帰るあなた。

そういうことをわたしは何度も経験してる。

あなたには言えなかったけど、
こんなわたしでも、付き合ってくれている人もいるのよ。

そういえば、
雪が薄く積もった寒い日にテレビ局からの取材依頼の電話をお断りしました。

寒い季節はテレビ局からの取材依頼の電話が多い。
ありがたい話なんだけど、もういいやって感じ。

同じ日の出来事。
こういう方法で気持ちを伝える人もいる。
IMG_4100
こっちの方が好き。

A photograph is taken by iphone.

薪とココア

ウチは薪ストーブを使っています。

あと、暖房器具は石油ファンヒーターに石油ストーブとガスファンヒーター
それから忘れちゃいけない湯たんぽ(笑)

近所の方より薪になるような木を無料でもらえるところがあると聞いて
電話で国土交通省に問い合わせてもらってきました。
薪になるような木というのは
去年の「平成24年7月九州北部豪雨」の時に発生した流木です。

チェーンソーを持って集められた流木をもらってきたのですが、感想というか感じた事。

山鹿であれだけの量の流木が出ている訳だから、
ニュースで目にした
熊本では熊本市内や阿蘇だったり、
大分では耶馬渓、日田、竹田だったり、
福岡では八女や柳川を思い出しました。

当時、ボクはスコップで道路に流れ出た石や土を1時間くらい集めたくらいで
実際に被害地区に行って忘れられない光景を目にしたしたわけでもないので
忘れかけていた身近で起こった災害について考える事ができたというか、
いままで無意識だった事が意識できました。

「無意識という意識の差別」

という言葉が頭の中に出てきました。

これから流木を見るたびに平成24年7月九州北部豪雨の事を思い出すような気がします。
それから簡単な言葉で恐縮ですが
被害に合われた方々の日常生活の復旧とお見舞いを申し上げます。

家に戻って早速薪割り。
パカッと割って
IMG_4007
さらにパカっと割って
IMG_4008
ちょうど保育園から帰った息子に薪を運んでもらう。
IMG_4009

それから今日は保育園で毎月行われているノーテレビDAYということなので、
晩ご飯を食べたあとに、薪を運んでくれたお礼に
息子と自転車で暖かい缶ジュースを飲みに行ってきました。
ジュースの自動販売機は自転車で5分くらい走った所にしかありません(笑)
家にはココアやホットレモンやコーヒーとかなんでもあるのにね(笑)

ウチの近所には街灯がなく真っ暗です。
息子は少し怖がっていましたが、懐中電灯の電池を取り替えて
いざ、出発。
真っ暗なところで懐中電灯を使うとワクワクするよね。
寒い中、自転車で近所の自動販売機まで行って
外で暖かいココアを二人で美味しく飲んできました。

ウチの家を出たところの写真です。
白い点は街灯なんだけど、暗いっていいでしょ。
好きな景色の一つです。
IMG_4016
All photograph is taken by iphone.

論より証拠

ボクの今年の目標です。

ちなみに去年の目標は「犬も歩けば棒にあたる」でした。
エントリーはこちらです。

去年の目標はどうだったかと思い出してみると、
10段階で考えてみると5.1は出来たと思うな。

5をちょっと越えた5.1です。

おーすごい。

5.1にした理由は
毎日、毎日、目が覚めるとやってくる日常生活や、もちろん仕事でもそうなんだけど
やってみたことがない事をやってみたりするときに
自分の心の中の

「ほんのちょっとした目に見えない段差」

を乗り越えるって以外と難しくて
ちょっとの勇気と言ったら大袈裟なんだけど、
毎回ちょっとの勇気をだして
「ほんのちょっとの目の前にある段差」
を越えることができ、去年は前に進む事ができたと思います。

去年の暮れには仕事をいただいた方より
「挑戦してみてください」
とうれしい言葉をいただくこともできたしね。

んで、今年の目標は

「論より証拠」

まぁ見てて下さい。

って自分でハードルを上げてみる(笑)

昨日、息子といろはカルタをしたんだけど
結果は敗退・・・・・・・

ボクの毎年の目標は「いろはカルタ」より引用してます。
ってことは来年は「は」からはじまることわざか(笑)
IMG_3997
A photograph is taken by iphone.

涼しくなりましたね

そういえば最近そうめんを食べていませんが
「夏っていつからだと思う?」
って友達に聞いたら
「そうめんが食べたくなったら夏」
っていう秀逸な答えを思い出しました。

福岡の博多祇園山笠が終わると、
長い梅雨が明けて夏がやってきて
熊本の藤崎八旛宮秋季例大祭が終わると
秋が心配しなくてもやってきますね。

春夏秋冬。
日本っていいな。

さて、最近の事です。

傘に絵入れの注文を頂いたので
ボクの奥さんサッコと打ち合わせ。
サッコにデッサンをおこしてもらって、
二人でどんな感じで仕上げるかを打ち合わせました。

んで、夫婦でも仕事をお願いするときには

「対等の位置で話す」
「対価を支払う事」
「なれあわない事」

に気をつけています。

長く続けたいんで。

きっとこの傘はかっこよく仕上がると思います。

それから納期が決まった仕事を急遽二件いただいたので
最近はずーっと傘の製作ばかりしてました。
いや、一年中かも・・・・・・

仕事を続けるためにいかに楽しくするかという事が大切だと思うけど
それがなかなかうまくいかない。
いつか楽しく仕事ができるのかなぁ〜
ボクは仕事が楽しいって感覚はないです。
でも、製作中はなーんにも考えてないような気がする。
そういう時って幸せかもね。

それから変わらずに続ける事が大切だと実感した出来事がありました。
時間が経過したモノってほかに変える事ができないですね。
和傘というフィルターを通してつながっている感覚があったのでうれしかったです。
でも、緊張したなぁ〜
具体的な話はまだ内緒。

話を変えて、もう少し続けます。

ニュースを見てると物騒な事件が流れていますね。
でも、しばらくするとみーんなすぐに忘れちゃう。
ぼくも忘れちゃうんですけどね。

「僕の故郷は地球だ」

なんだかんだ言っても、皆地球人なんだ。
いがみあったり争ったりしても仕方ないじゃない。
他の惑星から攻められて、初めて団結するのかね。

と言った黒沢明監督の言葉を思い出しました。

写真は息子がならべたおもちゃの武器の数々。
悪意が全くないからいいんだよね。

楽しい未来がやってくるといいな。

A photograph is taken by iPhone.